美顔器は機内持ち込みできる?海外で使える?

せっかく海外で使いたかったのに
まさか没収!?

機内に持ち込めないと、飛行機に乗れなかったり、没収されてしまったらと思うと不安ですよね。

持っていけたとしても、そもそも海外で使えない機種だと全く意味がありません。

そこで今回は「美顔器は機内に持ち込めるのか」「海外でも使えるのか」調べてみました。


執筆者:もか
Twitter→@moka_03128
私自身が美顔器を選んだ時の経験と日本化粧品検定1級の知識を借りながら運営。デザイナー歴もあるので、その経験を活かして美容の専門的な知識を一般の方にも分かりやすく伝えます。30代後半で子供がいます。

海外で使えるかは「コードレス」と「コードあり」で変わる

あなたのはどっち?

美顔器が機内持ち込みできるか、海外で使えるかは美顔器の種類によって変わります。

コードレスとコードありで違うので、手持ちの美顔器に合わせて選んでくださいね。

コードレスの場合
コードありの場合

コードレスの美顔器の場合

当然ですが、コードレスの美顔器の場合は日本で充電して持っていけば、海外で問題なく使うことができます。

ただし機内持ち込みが心配なので、そこを重視して調べてみました。

【海外へ】美顔器は機内持込できる?

疑問を浮かべる女性のイラスト

機内持ち込みは、一般的な美顔器であれば、ほぼ大丈夫ですよ。

機内持ち込みには、バッテリー(リチウム電池/充電タイプの機器に入っている電池)の持ち込み制限がありますよね。
美顔器程度なら大丈夫そうですが、万が一があるといけないので、各航空会社でどんな制限があるのか調べてみました。

ANAの場合

まずは代表としてANAです。

「160Wh以下」なら大丈夫と書いてありますね。
160Whというのは、45000〜50000mahのモバイルバッテリーくらいの大容量。

重量にすると500mlの水が入ったペットボトルよりも重いくらい。

美顔器のバッテリーがそんなに重いわけありませんよね^^;

つまり、機内持ち込みは問題なさそうです(^^)

その他航空会社の場合

その他の航空会社も調べてみると…

100Wh以下は大丈夫

シンガポール航空/エミレーツ航空/ニュージーランド航空/カタール航空/ターキッシュエアラインズ/フィンエアー/KLMオランダ航空/タイ国際航空

上の航空会社は全て
100Wh以下は大丈夫
と記載がありました。

100Whのバッテリーの重量は500mlの水のペットボトル1本分。
そんなコードレス美顔器は存在しない(今まで見たことがない)ので、機内持ち込みは特に意識しなくても良さそうです。


\本当にその美顔器で大丈夫?/
失敗して後悔しないために

ジェルの機内持ち込みも問題なし(注意点あり)

美顔器のケア時に使うジェルや美容液も、機内持ち込みして大丈夫です。
ただし条件があり、液体やジェルは全て100ml以下の容器に入れて、ジップロックなどにまとめて入れておく必要があります。

引用:ANA

手持ちのジェルや美容液が、100ml以下の容器に入っているか確かめてから持っていくようにしましょう。

100mlってどのくらい?

ジェルや美容液によってはml(ミリリットル)ではなく、g(グラム)で書いてあることもありますよね。
そういう時は、何となくでいいので容器の大きさを図ってみましょう。

まずは容器の底↓↓↓

次に容器の高さ↓↓↓

最後にこんな風に計算します。
↓↓↓

私が持っているジェルは、大体64mlでした。
多めに見積もっても100ml以内だから、そのままジップロックなどに入れて持っていけば大丈夫そう。

あなたのジェルや美容液も、g(グラム)で書いてある場合は、計算してみてくださいね。
もし超えそうな場合は100均などで売っている、化粧品を入れる容器に移して持っていきましょう。

美顔器は英語で何という?(万が一の為に)

美顔器は機内持ち込み大丈夫ですが、万が一止められたりした場合は、説明が必要ですよね。
美顔器を英訳すると「electric facial machine」や「facial massager」というみたい。
英語で上の表現を使って、問題ないこと、危険物などではないことを説明しましょう。

\本当にその美顔器で大丈夫?/
失敗して後悔しないために

コードレス美顔器を海外で使う時の注意点

ココまでお伝えしたように、コードレスの美顔器は機内持ち込みは問題ありませんし、充電さえしていけば海外でもそのまま使うことができます。

ただしもし長期出張などで美顔器の充電が切れないか心配な時は、充電器を持っていく必要がありますよね。
その際はコードありの美顔器と同じ対応になります。

この後コードありの美顔器は海外で使えるのか説明していくので、もしコードレス美顔器を使っていて充電器も持っていく方は、この先にも目を通しましょう。


コードありの美顔器の場合

コードありは機内持ち込みOK

コードありの美顔器なら、機内持ち込みでも手荷物でも大丈夫なので、何も心配しなくてOKです。
次の項目だけ気をつけましょう。

手持ちの美顔器が海外対応か調べる方法

日本と海外では電圧に違いがあるので、手持ちのコードありの美顔器が海外対応していないと使えません。

海外対応かを調べるには、取扱説明書のココを見てみましょう。

上は私が持っている美顔器の取扱説明書ですが、ページの最後の方に「製品仕様」などの項目で載っていると思います。

こう書いてあれば海外対応

・海外未対応
⇒100Vとだけ書いてある

・海外対応
100V – 240Vなどと書いてある

つまり私の持っている美顔器は、海外未対応みたいです。
ちょっと残念^^;

【未対応の場合】どうしても使いたいなら

あなたの持っているコードありの美顔器は、海外対応でしたか?
もし違っていたのなら、残念ながら海外では使えないので諦めましょう。

どうしても使いたいなら「変圧器」もありますが、値段がお高い^^;

いくつか海外未対応の製品を持っていて、海外で使いたいなどの理由がない限り、美顔器だけの為に買うのは勿体ないと思います。

海外未対応ならマッサージもおすすめ

でもせっかく海外に行くのに、顔のむくみやハリ不足をそのままにするのは深刻ですよね^^;
そんな時は美顔器は使えませんが、応急処置で「マッサージ」を取り入れてみてもいいかも!

マッサージ方法は色々ありますが、この方の動画がセルフでやっていて丁寧な説明で分かりやすいと感じました。
↓↓↓

ポイント

・お風呂上がりに1〜2分ケア
・専用ジェルを「首」全体に伸ばす
・残ったジェルで耳をマッサージ
・耳の後ろのくぼみをツボ押し
・首サイドや鎖骨をほぐす
・アゴ→耳→鎖骨に向かって流す
・エラを拳でほぐす
・顎の下を親指でツボ押し

お顔がすっきりするので、海外で美顔器を使えない方は試してみてくださいね(^^)