薄着の季節になり、気になってくるのが二の腕。
色々なファッションを楽しみたいのに、二の腕が気になるせいで着たい服をガマンするのは悲しいですよね^^;

でも、もしあなたが美顔ローラーを持っているなら、それが二の腕の悩みに一役買ってくれるかも!

今回は美顔ローラーの二の腕への効果や、注意点などをお伝えするので、もし持っているなら、今回のお話を参考に活用してみましょう。


執筆者:もか
Twitter→@moka_03128
美顔器って他のスキンケアと比べてまだ一般化していませんよね。だから美顔器の良さをみんなに広めたい!そう思いサイトを立ち上げました。私自身が選んだ時の経験と日本化粧品検定1級の知識を借りながら初めての人にも分かりやすく伝えます。

二の腕に使っても良い?

もちろん使っても大丈夫

そもそも「美顔」という名前がついているので、二の腕に使っても良いのか?と疑問に思いませんか?

でも、ある美顔ローラーのメーカーのサイトを見る限り、それは大丈夫そうです。
↓↓↓

引用:リファ

当然のように「二の腕への使い方」が説明されていたので、使うのは問題なさそう。

※私が使ったことがある機種の取扱説明書にも載っていました。

おすすめ記事

【50代におすすめ】の美顔器丨私も使ってるランキングNo1

【目の下のクマ(たるみ)】美顔器 | ランキング

【ほうれい線に使いやすい】美顔器 | おすすめはコレ

美顔ローラーの二の腕への効果は?

口コミでは効果あり

でもいくら使えても、効果がないのならコロコロする意味がありませんよね^^;

そこで、リアルな意見を知るために、いくつかの口コミに目を通してみました。
するとこんな意見が↓↓↓

口コミを見る限り、二の腕に使って効果が出た人はいるみたい。

脂肪は「ほぐして燃焼しやすくなる」から

でも美顔ローラーでコロコロするだけで、二の腕がスッキリするなんて不思議だと思いませんか?

理由はコロコロで温まり燃焼しやすくなるから

その理由は色々な見解があるみたいですが、私が信じているのは「揉みほぐすことで脂肪が温まり燃焼しやすくなった」というもの。

私は以前、仕事で、プライベートジムの先生にインタビューしたことがありますが、その時に「運動前に脂肪をムギュムギュっと揉みほぐすことで温められ、その後の運動で脂肪が燃焼しやすくなる」という趣旨の話を伺いました。

運動は温まるまでやらないと意味がない

例えば、有酸素運動は20分以上やらないと意味がないというような話を聞いたことがありませんか?
これは運動によって「身体が温まる⇒燃焼」というプロセスがあるから。
身体が温まる前に運動を止めてしまうと、燃焼されずにほとんど意味がないものになってしまうと言われています。

美顔ローラーはそのプロセスを短縮してくれる

でも運動前に脂肪をムギュムギュ揉みほぐすことで温められ、短い運動でも効果が出やすくなるのだとか。

美顔ローラーでも二の腕をラクに揉みほぐせるので、きっと同じような効果が期待できるはず。

【併用しましょう】コロコロ後に運動が効果的

ただしこれは運動が前提です。
美顔ローラーでコロコロするだけでは効果には期待できないので、コロコロの後には必ず運動を取り入れるようにしましょう。

こんな運動で二の腕を引き締め

二の腕を引き締めたいなら、美顔ローラーの後の有酸素運動に加え、こんな運動も取り入れてみましょう。

1.500mlのペットボトルに水を入れます。

2.そのペットボトルを持ち、腕をまっすぐ上に伸ばします。

3.そのまま肘を曲げ、また腕を上に伸ばす。


私もやってみましたが、次の日に二の腕が筋肉痛になる程。
たった3分くらいで出来るのに、しっかり引き締まりそうな感じがしました(^^)

是非美顔ローラーの後に取り入れてみてくださいね。

挟み過ぎて痛い!二の腕への美顔ローラーの使い方

巻き込むと痛い思いをする

ここまで聞いてもらった通り、美顔ローラーを使えば二の腕に効果がありそうですよね(^^)
でも、使い方を誤ると、お肉をギュッと挟みすぎてしまい、痛い思いをする可能性も…

そうならないために、次に紹介する「使い方」を守って安全にコロコロしましょう。

こう使うと巻き込みづらい

美顔ローラーは角度によって、お肉をたくさん掴んだり、すこしだけ掴んだり、力を調整することができます。

上の図のように、手前に引っ張る時は本体を寝せるほど力がつよく、奥に押す時は本体を立てるほど力が強くなります。

これを意識して、自分の二の腕に合った強さでコロコロできるように、角度を調整しながら使いましょう。

少し慣れが必要なので、ゆっくり角度を意識しながらやってみてくださいね。
もか(私)
もか(私)

痛みをガマンしながら使わない

美顔ローラーは、上のように角度で強さを調節しながら使いますが、痛みをガマンしながら使うのはNG。
「痛い=効いている」ワケではありません。

気持ちいいと感じる強さで使うようにしましょう。

既に痛いときは使用を控える

今回の内容を見る前に美顔ローラーを使ってしまって、既に二の腕を痛めている場合は使用を控えましょう。

痛いのに無理して使っても余計に痛めてしまうだけです。
痛みが収まってから、今回の「使い方」を参考にしながら、弱い力で再度練習しながら慎重に使いましょう。

おすすめ記事

【50代におすすめ】の美顔器丨私も使ってるランキングNo1

【目の下のクマ(たるみ)】美顔器 | ランキング

【ほうれい線に使いやすい】美顔器 | おすすめはコレ

顔への効果なら「このタイプ」がおすすめ

今回は美顔ローラーの二の腕への効果や注意点などをお伝えしましたが、顔に使って効果を得たいなら、個人的には美顔ローラーよりも「こんなタイプ」の方がおすすめ。

フォトプラスEX

普段、化粧水や美容液を使ってスキンケアをしていると思いますが、そのスキンケアをサポートするのが紹介したようなタイプです。

・肌のキメを整えたい
・シミを予防したい
・目元に力強さがほしい

こんな風に思っているなら使って見る価値あり。

私も目元に使っているので感想を載せています。
気になった方は参考にしてくださいね。
↓↓↓
フォトプラスEXの詳細を見る

おすすめ記事

【50代におすすめ】の美顔器丨私も使ってるランキングNo1

【目の下のクマ(たるみ)】美顔器 | ランキング

【ほうれい線に使いやすい】美顔器 | おすすめはコレ