美顔ローラーの頻度や1日の使用時間は?続けることが大事!

今回はローラータイプの美顔器の使用頻度、1回の使用時間をお伝えしていきます。
効果は大きいいほうがいいけど、やりすぎるとなんだか肌に悪そうだし・・・
あまり手間をかけすぎると続かない気がする・・・
そんな風に思っている人は今回の記事を参考にしてくださいね(^^)

このサイトで美顔器の提案し、おかげさまで5年を迎えました。今回はその経験を元にお伝えしますね。
美顔器の疑問は「ステキナビ」で検索(^^)

美顔ローラーはすぐに効果は出ない!

美顔ローラーは即効性があるものではありません。
最初の使用で、「口角が上がった」「いつもよりフェイスラインが引き締まった気がする」と効果を実感できる人も多いですが、実はそれは一時的なもの。
美顔ローラーの本当の効果は、「血行促進」「表情筋の活性化」が起こり、その結果むくみや、たるみが軽減されるというものなので、使い続けることが大事なんです!

ピックアップ!

おすすめの美顔器を悩み別にピックアップしました。
ココをタップしてあなたにピッタリの美顔器を見つけてくださいね。
↓↓↓

悩み別おすすめ美顔器特集

おすすめNo1美顔器は
ステキナビで検索
この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓

頻度:1日1回続けることが大事

先程もお伝えしたように美顔ローラーは、ダイエットみたいに続けることが大事です!
そのため、頻度は1日2〜3回使っても問題ないですが、続かないかも・・・という人は1日1回でも充分です。
1日1回使用する場合は、例えばお風呂上がりに、美容液などを使ったあとがおすすめ!
お風呂で血行促進されているので、美顔ローラーの効果が高まりやすいですし、美容液のお陰で摩擦が減り、肌への負担を減らしてくれるからです。
もし「続かないかも・・・」と思っている人は、決まった時間に習慣化してしまうのが一番なので、ぜひお風呂上がりに取り入れてみてくださいね(^^)
逆に、朝は肌がまだ敏感な状態のため、避けたほうがいいかもしれません^^;

時間:1箇所1分程度 いろいろな場所に使える

次は、1回に使用する時間です。
美顔ローラーは顔以外にも二の腕、首、ふくらはぎなど、たるみやむくみが気になる箇所に使うことができますが、それぞれ1箇所につき1〜2分程度を目安にしましょう。
例えば、顔、二の腕、ふくらはぎの3箇所に使いたい場合は、合計3〜6分ですね。
ちょっと長く感じるかもしれませんが、美顔ローラーはどこでも使えるので、お風呂上がりにテレビなどを見ながら、もしくはベッドで横になりながらでも使えます。
極力リラックスしながら行いましょうね(^^)

やり過ぎは良くない?

美顔ローラーは、やればやるほど効果を期待できるものではありません。
頻度も1回の使用時間も今回お伝えしたくらいを守りましょう。
もちろん、多少の前後は問題ないですが、1日に10回、1回に10分など、異常に長い時間使うのは危険です。
頻度と時間を増やしすぎると、逆にシミや肌荒れなどの肌トラブルの原因となりかねないので注意しましょう。
特に顔は敏感なので、お伝えした頻度と時間を大幅に超えないようにしてくださいね^^;

おすすめNo1美顔器は
ステキナビで検索
この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓

やりすぎなくてもシミや肌荒れ!?

ちなみに、今回お伝えした頻度や時間を守っていても、シミや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしてしまう場合もあります・・・
例えば、ローラー部分にプラスチックやゴム、シリコンなどを使っている美顔ローラーは避けましょう。
これらの素材を使っているものは、しっかりと顔のお肉を掴めず、コロコロする毎に皮膚に摩擦が生じてしまいます。
そのせいで、シミや肌荒れを引き起こしてしまうこともあるので、頻度や時間も大切ですが、素材にも注意しましょうね。

たるみを何とかしたいなら

もし「たるみ」を何とかしたい人は、ピッタリの美顔器がありますよ。

次は「たるみ用の美顔器」をご紹介します。
私の使っているNo1美顔器もあるので参考にしてくださいね(^^)

↓↓↓

目元・頰のたるみにおすすめの美顔器TOP5を見る

美顔ローラー関連記事