【ニキビにララルーチュRFは効果的?】ニキビにはNo1じゃない理由

f:id:moka_lalalu:20190326233959j:plain

こんにちは。管理人のもかです。

今回はララルーチュRFのニキビへの効果の有無などをお伝えします。
「私のニキビにララルーチュはどうかな?」と、疑問に思っているあなたにオススメの内容ですよ。

ではさっそく伝えていきますね。

ララルーチュRFはニキビに効果的?

結論からお伝えすると、ララルーチュRFはニキビに効果的です。
でも一番おすすめかというと判断に迷ってしまいます^^;

なぜならニキビだけで見ると、他にももっといい美顔器があるからです。

だから以下に当てはまる人はララルーチュRFを選び、もしそれ以外の人は他のニキビ美顔器を選ぶという選択を考えたほうが良いかも。

こんな人にララルーチュRFはおすすめ

・ニキビ以外に「毛穴」が気になる
・一緒に「シミ」も何とかしたい
・保湿がしっかりできる美顔器が欲しい

もし上のようにニキビ+αの事がしたいなら、ララルーチュRFを選びましょう。

もし当てはまらなかった人はこちら。
↓↓↓
ニキビ美顔器おすすめランキング

ニキビおすすめNo1じゃない理由

f:id:moka_lalalu:20190322212759j:plain

ララルーチュRFはニキビ+αの悩みには効果的ですが、ニキビだけ見ると1番ではありません。
それは他のニキビ美顔器にはできて、ララルーチュRFにはできないことがあるから。
次はその辺りを詳しく説明していきますね。

他のニキビ美顔器はニキビ跡にも使える

ララルーチュRFはニキビに効果的な機能はありますが、ニキビ跡にはアプローチできません。
でも他のニキビ美顔器の中には、ニキビ跡にも使えるものがありますよ。

例えばこちら↓↓↓

ニキビ跡にも使える美顔器

美ルルクラッシィ
f:id:moka_lalalu:20190326234716j:plain

この美顔器は緑色のLEDを搭載していて、ニキビ跡などの色素沈着を薄くする働きがあります。
もしニキビ跡も気になるという人は、美ルルクラッシィを選んでもいいかも。

美ルルクラッシィの口コミなどを見る

値段にも差がある

ララルーチュRFは上で紹介した美ルルクラッシィに比べると、値段が高くなってしまいます。
それはララルーチュRFが、ニキビ以外の悩みにもアプローチできる機能が豊富だから。
逆にニキビだけに使いたい!という人にとってはオーバースペックになっちゃうかも。

ニキビNo1じゃない理由まとめ

ここまでの事をまとめると

・ニキビだけに使いたい
・ニキビ跡にも使いたい
・価格を抑えたい
上に当てはまる人はララルーチュRF以外のニキビ美顔器を選びましょう。

もし該当せず、ニキビ+αの悩みに使いたい人はこの先に進んでくださいね(^^)

ララルーチュRF公式サイト

ララルーチュRFのニキビへのアプローチ方法

ここからはララルーチュRFのニキビへの効果についてお伝えします。
主に2つの原因にアプローチできますよ。

保湿機能で乾燥を防ぐ

ララルーチュRFにはコアパルスという保湿機能があります。

コアパルスとは

コアパルスというのは、肌に一時的に極小の孔を開け、そこから美容液の美容成分を肌の奥に運ぶ機能です。
孔を開けると聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、美容エステなどでも取り入れられている安全な方法ですよ。

大人ニキビの原因のひとつは乾燥です。
ララルーチユRFのコアパルスは、美容成分を肌の奥に届けるので保湿効果抜群。
だから乾燥が原因の大人ニキビに効果的なんです。

青色LEDで殺菌

RFには青色LEDという機能が付いています。
青色LEDは殺菌効果があるので、ニキビの原因となるアクネ菌を攻撃。
このおかげでララルーチュRFはニキビに効果的ですよ。

ちなみにLEDというのはこんな感じで、光を使ってケアする機能。

f:id:moka_lalalu:20190221180754j:plain:w400

ララルーチュの場合は、青だけでなく他の色も同時に照射するので、青っぽく見えませんが、この光(LED)を肌に照射することで、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌します。

ココがポイント!ニキビ+αの悩みに使える

f:id:moka_lalalu:20190325223711j:plain

ララルーチュRFニキビに効果的ですが、それだけだと他のニキビ美顔器に負けてしまいますよね。
ララルーチュRFのいいところは、ニキビ+αの悩みにアプローチできるところ。
次はララルーチュRFでアプローチできる、代表的な悩みをお伝えしますね。

ニキビ+毛穴の開きに効果的

ララルーチュRFにはコアパルスという機能が付いていて、それが保湿に効果的とお伝えしましたよね

毛穴の開きを改善するには、毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすことと、保湿して乾燥を防ぐこと。
残念ながらララルーチュRFでは、皮脂汚れを落とすことができません。
ですがコアパルスを使って、しっかり保湿することはできます。

ですから、洗顔でしっかり汚れを落としつつララルーチュRFを併用すれば、ニキビだけでなく毛穴の開きにも効果的ですよ。

ちなみに毛穴の汚れを落としたい人は、こんな洗顔アイテム使ってみては?(^^)

ニキビ+シミに効果的

ララルーチュRFはニキビ以外にシミにもアプローチできます。

シミの原因はメラニン。
紫外線などで過剰に発生したメラニンが、ターンオーバーで排出されずに肌に現れたのが「シミ」です。

シミは紫外線を防ぐことも大事ですが、美顔器でアプローチにするには「ビタミンC誘導体」が含まれた美容液を使いましょう。
ビタミンC誘導体を使うことで、メラニンが過剰に排出されるのを抑えてくれますよ。

もちろんララルーチュRFの専用美容液(ジェル)には、ビタミンC誘導体が含まれています。
それを上で紹介したコアパルスで肌の奥に運べば、ニキビ以外にシミにもアプローチできますよ。

ニキビ+目元のたるみに効果的

ララルーチュRFニキビ以外に目元のたるみにも効果的です。
その理由は、EMSと言う表情筋をピクピクと動かす機能がついていること。
そのおかげで表情筋の衰えが原因で起こる、目元のたるみを改善に導きますよ。

こんな感じでララルーチュRFは、ニキビ以外の色々な悩みにアプローチできます。
ニキビ+αの悩みを抱えているのなら、やっぱりララルーチュRFが良さそうですね(^^)

ララルーチュRF公式サイト

ニキビにおすすめの使い方

f:id:moka_lalalu:20190221181035j:plain

そんな様々な悩みに効果的なララルーチュRFですが、ニキビに使う時はちょっと注意が必要。
次はその注意点なども含めて、ニキビに効果的な使い方もお伝えしていきますね。

腫れたニキビには浮かせて当てる

既にできてしまったニキビに、ララルーチュRFを直接当てるのはNG。
特にに赤く腫れ上がったニキビを潰してしまう危険性もあるのでケアするときはニキビから少し浮かせるようにしましょう。
浮かせてもLEDの光がしっかりニキビに照射されるので効果に不安を抱くことはありませんよ。

いつものスキンケアも専用美容液で

ララルーチュRFのニキビへの使用頻度は2日おきです。
ですから使わない日は通常のスキンケアをすることになります。
でもララルーチュRFの美容液は品質が高いものなので通常時にも使うと更にニキビに効果的ですよ。

生活習慣も大事

またララルーチュRFのニキビケアだけでなく、その他の生活習慣にも気を配りましょう。
例えば睡眠をあまり取れない人はそこを改善したり脂っこいものを食べないようにすることも大事。
そういった基本的なことを守りつつ平行してララルーチュRFでニキビケアをしていきましょうね(^^)

私はニキビレス。ララルーチュRFのおかげ?

ちなみに私は大人ニキビができることは少ないです。
体質とかも関係あるかもしれませんが、もしかしたらララルーチュRFできちんと保湿ケアをしているおかげかも。
保湿は様々な肌の悩みに関係がありますからね(^^)

ララルーチュRFのコアパレスは美容液を塗布するよりも、何十倍もの浸透力を発揮すると言われています。
つまり今の保湿ケアで満足できない、ニキビができてしまう!という人はララルーチュRFを選べば変われるかも。

まだ悩んじゃう…という人は、こちらにララルーチュRFの口コミをまとめたので、参考にしてくださいね(^^)

ララルーチュRFの口コミまとめを見る

今なら定期がオトク

・初回価格 37,260円⇒ 27,000円
・その後の美容液も39%オトク
・送料はずっと無料

コレ、一番ララルーチュRFがお得になる方法です。
私の時より安くなってて驚き(^o^;
お得すぎてスグ終わっちゃう可能性大!

ララルーチュRF公式サイト

最後に

f:id:moka_lalalu:20190104211948j:plain

今回は「ニキビにララルーチュRFが効果的なのか?」や「No1じゃないけどその他の悩みを抱えるならおすすめ」という内容をお伝えしました。

抱えていた疑問は解消できましたか?
もしまだ解消できていない人はお気軽にメッセージください。
分かる範囲でお答えいたしますね。

以上「【ニキビにララルーチュRFは効果的?】ニキビにはNo1じゃない理由」でした。
最後までありがとうございます

もし今回の記事が参考になった人は以下から「ブックマーク」「シェア」「ツイート」して頂けると嬉しいです。
今後の励みになります(^^)
↓↓↓↓↓