2000円台も有!安いけど品質が高いおすすめヘアアイロン10選

ヘアアイロンが欲しいんだけど、お金はあまりかけられない。
高いヘアアイロンが良いのは分かるけど、数万円もするヘアアイロンはとても手が出せないですよね^^;

そんな時は、今回ご紹介する「安くて品質もいいヘアアイロン」を検討しましょう!

このサイトでヘアアイロンを提案し続け、おかげさまで5年を迎えました。
ありがとうございます(^^)
今回はその経験を元にお伝えしますね。

注意:まずはじめに

今回は比較的品質の高めなヘアアイロンを紹介しますが、それでも高いものに比べると髪へのダメージは心配です。

どうしてもお金をかけられない場合は仕方がないですが、私はできれば1万円くらいはかけて欲しいかな。

安いヘアアイロンは高いものと何が違う?

機能が違えば値段が変わってくるのは分かりますが、同じような機能のヘアアイロンでも安いもの、高いものに分かれますよね。
それって一体なにが違うのでしょうか?

安いヘアアイロンは

・広告費を削減している
・メーカーの保証が乏しい
・髪に熱が均一に伝わらない
・プレートのかみ合わせが悪い

例えばプレートのかみ合わせ

これは数千円のヘアアイロンと1万円超えのヘアアイロンを比べた写真です。

上のヘアアイロンは少し隙間が空いているのが分かりますか?
少しの差ですが、これがあると隙間を埋めるためにギュッと強く挟んで髪へのダメージが激増してしまいます。

最初は分からないかもしれませんが、使い続けると髪がギシギシ・ボロボロへ直行です。

値段を取るか髪への優しさを取るか

迷う選択かもしれませんが、私は髪への優しさを重視しました。
ずっと使うものだし、少しくらい高くても髪へのダメージには変えられませんからね。

痛まないおすすめヘアアイロンを見る

こういう差を知った上で問題なければ「安いヘアアイロン」を選びましょう。

安いストレートヘアアイロンTOP5

安いおすすめストレートアイロン 5位

テスコム ione

最低・最高温度 90℃〜190℃(5℃単位で設定)
開閉ロック 有り
コードの長さ 1.7m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

ioneのおすすめポイント

安いけど品質の高いヘアアイロン、おすすめ第5位はテスコムのヘアアイロン「 ione」。
ioneは参考価格4,000円未満の安いヘアアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「ストレートアイロンなのに色々な太さのカールができる」ってところ!

ioneはプレートの上部と下部で若干太さが異なっていて、スイッチ側が外側にすると「くっきり巻き」、スイッチ側を内側にすると「ゆる巻き」の2パターンのカールが楽しめるんです(^^)

2パターンのやり方は?

ちなみに2パターンのやり方はこんな感じです。

くっきり巻き

スイッチの面を外側にして、内巻きに半回転させて5秒キープ、そのまま毛先までゆっくり滑らせる。

ゆる巻き

スイッチの面を内側にして、内巻きに半回転させて、そのままスグに毛先までゆっくり滑らせる。

ストレートだけでなく、内側と外側を使い分けることで、カールアイロン並みに色々な髪型に挑戦できそうですね(^^)

テスコムione詳細を見る

amazonで見る

安いおすすめストレートアイロン 4位

アスピレーションロング

最低・最高温度 120℃〜220℃(6段階設定)
開閉ロック 有り
コードの長さ 2.0m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

アスピレーションのおすすめポイント

安いけど品質の高いヘアアイロン、おすすめ第4位は「アスピレーションロング」。
アスピレーションは参考価格5,000円未満の安いヘアアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「髪が長くても一気にストレートにできる」ってところ!

その秘密はアスピレーションのプレート部分の長さにあります。
通常のヘアアイロンのプレートは10cm以下が多いのですが、なんとアスピレーションは16cm。
数字だけ比べてみても、凄く長いですよね!

プレートが長いと髪を多く挟むことができるので、ロングヘアや髪の量が多い人でも一気にストレートにできて時間短縮が望めますよ(^^)
もし安いヘアアイロンでロングプレートのヘアアイロンを探している人は「アスピレーションロング」を選びましょう。

デメリット

アスピレーションはロングプレートで髪の量が多い人に嬉しいヘアアイロンなのですが、その分ヘアアイロンの全長が一般的なモノより5cmくらい長いので、持ち運びを頻繁にする人には向かないかもしれません(^^;
また、重さも結構あるので手も疲れやすくなります。

アスピレーション詳細を見る

安いおすすめストレートアイロン 3位

アゲツヤヘアアイロン

最低・最高温度 80℃〜220℃(5段階設定)
開閉ロック 有り
コードの長さ 2.6m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

アゲツヤのおすすめポイント

安いけど品質の高いヘアアイロン、おすすめ第3位は「アゲツヤヘアアイロン」。
アゲツヤは参考価格3,000円未満の安いヘアアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「沢山のカラーから自分好みを見つけられる」ってところ!

アゲツヤには上の写真を見ても分かるように沢山のカラーが用意されています。
販売当初は2~3色程度だったのですが、購入者のニーズに合わせて段々カラーが追加され、いまでは7~8色くらいになりました。
これだけカラーがあれば、上品な色が好みな人はブラック・ゴールド、派手な色が好みの人はピンク・ブルー・イエローなど、自分が好きな色も見つけられそうですね(^^)

アゲツヤ詳細を見る

amazonで見る

安いおすすめストレートアイロン 2位

サロニアヘアアイロン

最低・最高温度 120℃〜230℃(5℃単位で設定)
開閉ロック 有り
コードの長さ 1.9m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

サロニアのおすすめポイント

安いけど品質の高いヘアアイロン、おすすめ第2位は「サロニアヘアアイロン」。
サロニアは参考価格3,000円台の安いヘアアイロンですが、「低価格で一番人気」のヘアアイロンでもあるんです!

人気の理由は?

最近では価格が下がってきていますが、以前は低価格のヘアアイロンは温度が200℃未満のものが多かったり、温度設定も細かくできないものがほとんどでした。
でもサロニアはそれを実現しつつ、低価格を実現できた数少ないヘアアイロンなんです。
そして低価格のヘアアイロンが多くなった今でも、ずっと人気が続いているヘアアイロンなんです。

デメリット:温まるスピードは遅め

低価格で高性能のサロニアですが、温まるスピードは他の高いヘアアイロンに比べると少し遅めな印象です。
でも5位から3位までご紹介したヘアアイロンも似たようなものなので、大きなデメリットというワケではないかも(^^;
もし温まるスピードも重視したいのなら、次にご紹介するヘアアイロンを選びましょう。

サロニア詳細を見る

amazonで見る

安いおすすめストレートアイロン 1位

サラキューティーヘアアイロン

最低・最高温度 120℃〜220℃(6段階設定)
開閉ロック 有り
コードの長さ 2.6m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

サラキューティーのおすすめポイント

安いけど品質の高いヘアアイロン、おすすめ第1位は「サラキューティーヘアアイロン」。
サラキューティーは参考価格3,000円未満の安いヘアアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「温まるスピードが早い」ってところ!

サラキューティーは最高220℃まで温度が設定できるのですが、220℃まで温まるのに大体1分くらいのハイスピード。
残念ながら公式で発表されているわけではないので、機種や環境によって時間差はできてしまうかもしれませんが、安いヘアアイロンの中で温まるスピードも重視したいという人は「サラキューティー」を選びましょう。

サラキューティー詳細を見る

安いカールアイロン(コテ)TOP5

安いおすすめカールアイロン(コテ) 5位

テスコムnaturamカールアイロン

最低・最高温度 140℃〜180℃(2段階設定)
プレートの直径 26/32mm
コードの長さ 1.7m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

naturamのおすすめポイント

安いけど品質の高いカールアイロン、おすすめ第5位はテスコムのカールアイロン「naturam」。
naturamは参考価格3,000円台の安いカールアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「ロングバレルで髪が長い人も一気に巻きやすい」ってところ!

ロングヘアや髪の量が多い人などは、ヘアセットに時間がかかってしまいますよね。
でもnaturamのロングバレルなら、いつもよりも少し髪を多く掴んでもしっかりと巻けるので、ヘアセットの時間を短縮することができますよ。
もし安いヘアアイロンでヘアセットの時間を短縮したいのなら「テスコムのnaturam」を検討してくださいね(^^)

デメリット:温度調整が2段階のみ

naturamはロングバレルでおすすめの安いヘアアイロンですが、温度が140℃と180℃の2段階しか設定できないのが残念なところかな(^^;
カールアイロンは髪質によって細かく温度を変えたいため、例えば160℃や170℃などがちょうどいい髪質の人にとっては、髪に優しくないかも。
ただし細かい温度設定が苦手という人には良いかもしれませんね。

テスコム マイナスイオンカールアイロン詳細を見る

amazonで見る

安いおすすめカールアイロン(コテ)4位

テスコムioneカールアイロン

最低・最高温度 100℃〜190℃(10℃単位で設定)
プレートの直径 19/26/32mm
コードの長さ 1.7m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

ioneカールのおすすめポイント

安いけど品質の高いカールアイロン、おすすめ第4位は「テスコムioneカールアイロン」。
ioneカールは参考価格3,000円未満の安いカールアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「スチーム機能でスタイリングが長持ちしやすい」ってところ!

ioneカールはカールアイロンの先端(上の写真部分)に水を入れることで、バレルに付いている穴からスチームを発生されます。
スチームがあると髪のスタイリングが長持ちしやすいと言われているので、通常のカールアイロンでは昼くらいにスタイリングが崩れてしまうという人は試してみる価値がありそうですね(^^)

テスコムioneカール詳細を見る

amazonで見る

安いおすすめカールアイロン(コテ) 3位

アイビル DHセラミックアイロン

最低・最高温度 100℃〜190℃(細かく調整可能)
プレートの直径 16/19/25/32/38mm
コードの長さ 3.0m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

DHセラミックのおすすめポイント

安いけど品質の高いカールアイロン、おすすめ第3位は「アイビル DHセラミックアイロン」。
DHセラミックは参考価格4,000円台の安いカールアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「色々な髪の長さに対応している」ってところ!

例えばカールアイロンでよく見かける太さは32mmですが、これだと長めのロングヘアやショートの人では、なりたい髪型に近づけないことがあります。
その際に32mmより太めの38mmや細めの26mmを使うのですが、メーカーによってはサイズを取り扱っていないこともあるんですよね。

でもDHセラミックアイロンは16mm~38mmまで計5つの太さが用意されているので、もし自分の髪の長さにあったカールアイロンの太さがない!という場合も安心なんです。

安いヘアアイロンで16mmや38mmなど他のカールアイロンでは珍しいサイズを探している場合は、アイビル DHセラミックアイロンがおすすめですよ(^^)

デメリット:温度設定が分かりづらい

DHセラミックアイロンは温度を手元のダイヤルを操作して変更するのですが、このダイヤルに書いてある数字が「温度」ではなく、「ただの数字」なんです。
ですから、自分が設定したい温度がイマイチ分からない・・・
一応、数字の1は100℃〜という記載はありますが、やっぱり分かりづらいですよね(^^;

アイビルDHカール詳細を見る

安いおすすめカールアイロン(コテ)2位

モッズヘアカールアイロン

最低・最高温度 120℃〜180℃(無段階設定)
プレートの直径 25/32/38mm
コードの長さ 1.7m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

モッズヘアのおすすめポイント

安いけど品質の高いカールアイロン、おすすめ第2位は「モッズヘアカールアイロン」。
モッズヘアは参考価格2,000円台の安いカールアイロンで、ご紹介する中で一番の低価格のカールアイロンなんです!
品質の高めなヘアアイロンのなかでとにかく安くカールアイロンをゲットしたい!という人はモッズヘアカールアイロンを選びましょう。

それ以外のポイント

モッズヘアカールアイロンには、低価格以外に「温度調節と電源スイッチが別になっているので、毎回温度を調整する手間が省ける」というのもおすすめのポイントです。
最初のうちは、自分の髪質にあった温度を見つけるために温度を調整したほうが良いですが、慣れてきたときには便利そうですね(^^)

モッズヘアカールアイロン詳細を見る

amazonで見る

安いおすすめカールアイロン(コテ) 1位

サロニアカールアイロン

最低・最高温度 100℃〜210℃(5℃単位で設定)
プレートの直径 19/25/32mm
コードの長さ 2.0m
温度設定 温度上昇スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

サロニアのおすすめポイント

安いけど品質の高いカールアイロン、おすすめ第1位は「サロニアカールアイロン」。
サロニアは参考価格3,000円台の安いカールアイロンですが、それ以外におすすめだと感じたポイントは「海外対応で旅行を楽しむ人にも便利」ってところ!

海外対応のカールアイロン(コテ)は増えていますが、今回ピックアップした安いヘアアイロンの中では、海外対応はサロニアだけです。
もし海外でも使う予定があるという人は、真っ先にサロニアカールアイロンを選びましょう!

もちろん温度も210℃まで設定できたりバレルも19mm〜32mmまで選べるなど、品質や使い勝手も良いので安いヘアアイロンの中でもかなりおすすめですよ(^^)

サロニアカール詳細を見る

amazonで見る

安い高品質ヘアアイロンの選び方

ご紹介しているヘアアイロンの中から、自分にピッタリの「安いヘアアイロン」は見つかりましたか?
もし紹介されているもの以外から、自分で探したい!という人は、ヘアアイロン選びに失敗しないために、以下を参考にしてくださいね!

その安いヘアアイロン、機能は十分?

ヘアアイロンを選ぶときには、いくつかチェックしておきたいことがあります。
今回は安い中でも品質や信頼感のあるものをピックアップしましたが、自分で安いヘアアイロンを探すときは最低でも以下をチェックしてから探しましょうね。

自分の髪にあった温度

ストレートアイロンなら180℃以上、髪が太い・硬いなどで癖がつきにくい人は200℃以上を選びましょう。
カールアイロンの場合は髪に当てる時間が長くなるので、ストレートの温度から20℃くらい低いもので大丈夫です。

温まるスピード

温まるスピードは好みによりますが、遅いものだと設定温度までに3分くらい掛かるものもあります。
早いものだと1分以内ですが、記載されていないことも。
もしホームページなどに記載がある場合は、自分の好みに合わせてできるだけ早く温まるものを選びましょう。

海外対応

もし海外で使う予定があるのなら海外対応のヘアアイロンを選びましょう。
海外対応のものは電圧にAC100V~240Vなどと記載があります。
逆に国内専用のものはAC100Vという記載です。

OKなら口コミを参考にしよう

もし上のチェックポイントがOKなら、次はショッピングサイトなどで口コミを参考にしましょう。
口コミの評価が高いものを見るのもいいですが、あえて評価が低いものにも目を通し、初期不良の多さやショップの対応の内容なども考慮して選ぶと、失敗が少なくなりますよ(^^)

この記事もおすすめです(^^)

ピックアップ♡

ヘアアイロンには痛みにくさを重視したものもあります。
詳細はココをタップしてくださいね
↓↓↓


痛まないヘアアイロン特集

この記事も読まれています