【痛まない】と話題のヘアアイロン人気ランキング

こちらの記事は最新ではありません。
痛まない方法や最新の痛まないヘアアイロンランキングはこちらで紹介しています。

【ヘアアイロンで髪が痛まない方法】スプレーおすすめアイロンも紹介

 

 

ヘアアイロンって髪が痛むものです。
ヘアアイロンを使い始めてから、髪がパサパサになったり枝毛が増えたという経験、ありますよね(^^;

一度痛んでしまった髪は、次の髪が生えてくるまで修復することはありません。
大切な髪を守るため、今回は髪が痛まないと話題のヘアアイロンをいくつかピックアップしたので、参考にしてください(^^)

その後髪が痛まないヘアアイロンの使い方などもカンタンにお伝えしていくので、そちらも参考にしてみてくださいね!

痛まないヘアアイロンをスグに見る

 

紹介する痛まないヘアアイロンについて

今回ご紹介する「痛まないヘアアイロン」は、私がおすすめしているヘアアイロンの中で、口コミや雑誌、ネットなどの評判で痛まない!と話題になっているヘアアイロンをピックアップしたものです。

もちろん話題だけでなく、私が考える「痛まない工夫」もしっかりされている、人気のヘアアイロンばかりなので、安心して選んでくださいね(^^)

痛まないヘアアイロンの選び方は?

上で、私が考える「痛まない工夫」とお伝えしましたが、まずはそれをお伝えしていきます。
選び方は気にしない!という人は、読み飛ばしてください(^^;

痛まないヘアアイロンをスグに見る

〈選び方1〉痛む原因を知る

痛まないヘアアイロンの選び方は、まずヘアアイロンで髪が痛む原因を知っておくと分かりやすいと思います。

ヘアアイロンで痛む原因

・熱によるダメージ
・スライド時の摩擦

ヘアアイロンで髪が痛むのは、この2つが原因です。
他にも濡れ髪での使用も痛む原因になりますが、ヘアアイロン自体には関係が無いので置いておきますね。

〈選び方2〉熱と摩擦へ配慮した機能をチェック

ヘアアイロンで髪が痛む原因が分かったところで、次はその原因に配慮されたヘアアイロンの機能を見てきましょう!

熱によるダメージに配慮した機能

ヘアアイロンは熱によって髪の組織を変性させてストレートにするものなので、熱による痛みはどうしても避けられません(紹介するヘアアイロンの中に例外あり)。

でも熱による痛みを最低限にするには、高い温度の方が良いと言われています。
低温だと中々ストレートにならず、何度も髪に当てるので、結局痛みが大きくなってしまうという理由です。
それよりも高温でサッと1~2回スライドしてストレートにする方が痛まないですよ(^^)

温度は髪質にもよりますが、180℃以上に設定できるものがおすすめ。
髪質が硬め・太目なら200℃以上に設定できるものを選びましょう!

スライド時の摩擦に配慮した機能

ヘアアイロンをスライドする時に、ギュッと挟んでしまうと、摩擦によって髪の表面がガリガリと削れてしまい、痛む原因となってしまいます。

痛まない工夫がされたものだと、その摩擦を軽減するために、プレートがバネのように上下する「クッションプレート」が採用されています。

痛まないヘアアイロンをお探しの方は「クッションプレート」付きのヘアアイロンを選びましょう!

人気の痛まないヘアアイロン

それではここからは「痛まない人気のヘアアイロンランキング」をご紹介していきますね(^^)

 

痛まないヘアアイロン人気No1はコレ!!

>絹女ワールド

ヘアアイロンで髪の痛みが気になるあなたはコレ!

絹女ワールドのおすすめポイント

・髪が痛みにくい
・アイロン後はしっとりツヤツヤ
・高温でうねりをピンッと伸ばせる
・温まるまでたったの30秒


知ってるみんなは使ってる。
雑誌やSNSでも人気のヘアアイロンですよ(^^)

絹女ワールドってどんなヘアアイロンなの?
↓↓↓↓↓
絹女ワールドの詳細を見る

痛まない人気のヘアアイロンランキング 2位

絹女(KINUJO)

最高温度 220℃
クッションプレート 有り

最初にご紹介する痛まないと話題のおすすめヘアアイロンは「絹女 ヘアアイロン」です。

潤いを保つシルクプレート

絹女 ヘアアイロンのプレートには、「シルクプレート」というテフロンを布状に加工した、オリジナルのプレートが採用されています。

シルクプレートは、200℃の高温プレートに水を吹きかけても、すぐに蒸発しないほど水分保持率が高いプレートで、ヘアアイロンで髪の水分が奪われてパサパサになることを防げますよ。

もちろんクッションプレートも採用されていて、摩擦も少ないので痛まない工夫がバッチリ施されていますよ(^^)

温まるスピードが早い

絹女は温まるスピードも早く、なんと180℃までたったの20秒!
こんなに早いと、ブロッキングをする暇もないくらいですよね(^^;

忙しい朝にはとっても重宝するヘアアイロンです。

髪への痛み・温まるスピードなどの性能を一番優先したい!という人は「絹女 ヘアアイロン」を選びましょう!

絹女の詳細を見る

 

痛まない人気のヘアアイロンランキング 3位

Panasonicヘアアイロン

最高温度 200℃
クッションプレート 有り

次にご紹介する痛まない人気のヘアアイロンランキングは、Panasonicのヘアアイロンです。

ナノイーで痛まない髪へ

PanasonicヘアアイロンにはナノイーというPanasonicオリジナルの技術が採用されています。
ナノイーはマイナスイオンの1000倍の水分量をもっていて、髪の静電気によるパサつきや髪のうねりなどを抑えられると言われています。
つまり痛まないだけでなく、静電気で髪が広がってきちゃう!髪がうねって中々まとまらない!という人には特に人気があるんです!

髪色が落ちにくいグロスコーティング

Panasonicヘアアイロンのプレートにはグロスコーティングという髪色を落ちにくくする工夫がされています。
明るい髪色にカラーリングしている人は、すぐに髪色が落ちてしまうという悩みがつきもの。
そんな髪の色落ちを最小限にしてくれるのがPanasonicヘアアイロンのグロスコーティングなんです。

痛まないだけでなく、カラーリングを長持ちさせたいと考えている人はPanasonicのヘアアイロンを選びましょう!

パナソニック詳細を見る

 

 

痛まない人気のヘアアイロンランキング 4位

ヘアビューロン

最高温度 180℃
クッションプレート 無し

最後に紹介する痛まない人気のヘアアイロンランキングは「ヘアビューロン」です。

低温でもストレート

ヘアビューロンは他のヘアアイロンと違って、最高温度も少し低めですしクッションプレートもありません。
でもそれはヘアビューロンが劣っているからというワケでなく、ヘアビューロンが他とは全く違う方法で髪を変成させているからです。

通常は熱で髪を変成させるとお伝えしましたが、ヘアビューロンは独自の「バイオプログラミング」という技術で髪をストレートにします。
そのおかげで40℃の低温でもストレートにできると言われているヘアアイロンなんです!

実際にはそこまで低温は難しいかもしれませんが、通常のヘアアイロンよりも低温でストレートにできるので、痛まないと話題のヘアアイロンなんです!

美容師さんも使っている人が多いので、気になる人はここからチェックしてくださいね!

ヘアビューロン詳細を見る

痛まないのは使い方にも理由が!

ここまで痛まないヘアアイロンの選び方、痛まないと話題のヘアアイロンを紹介しましたが、気になるヘアアイロンは見つかりましたか?(^^)
もし見つかった、もしくはもう少し今のヘアアイロンで頑張りたい!という人は、痛まないヘアアイロンの使い方も参考にしてみましょう!

痛まないようにするには、使い方もとても重要です。
こちらの記事に痛まないヘアアイロンの使い方をまとめたので、参考にしてくださいね(^^)

髪を傷めにくいヘアアイロンの使い方