ヘアアイロンの効果を長持ちキープさせるコツ。雨の日にも試してみて!

ヘアアイロンを使っていても日中くらいにはキープ力が無くなる・・・
晴れた日はOKなんだけど、雨が降っている日は出かけた直後くらいからキープしなくなる・・・

髪の癖が強くなくてもそんな状態になることも多いですよね(^^;

そんなあなたのために、今回はヘアアイロンの効果を長持ちキープさせるコツを紹介します。

基本的な使い方

1.下準備
2.髪をブロッキングする
3.髪にヘアアイロンを当てる

ヘアアイロンは大まかにいうと上のような流れで使っていきます。
そしてヘアアイロンで作ったスタイルを長持ちキープさせるには(1)の下準備がとても重要になってきます。
ヘアアイロンの基本的な使い方を知っている前提でお伝えするので(2)のブロッキング以降は省いています。
全体の流れが知りたい人はこちらの記事に目を通してくださいね(^^)

ヘアアイロンの基本的な使い方

長持ちキープさせるコツは5つ!

ヘアアイロン後にスタイリングを長持ちキープさせるコツは以下の5つです。

・180℃以上の高温ヘアアイロンを用意
・ブラシで根本からしっかり梳かす
・ヘアアイロン前OKなスタイリング剤を使う
・ドライヤーも重要
・少量ずつ髪を挟む

スタイリングする流れに沿って順番にお伝えしていきますね。

長持ちキープさせるコツ その1

180℃以上の高温ヘアアイロンを用意

ヘアアイロンで髪がストレートやカールになるのは160℃からと言われています。
それよりも低い温度でヘアアイロンを使ってもその場ではストレートになっているように見えても、すぐに崩れる原因になってしまいます。

そしてヘアアイロンで設定できる温度がそのまま髪に伝わるわけではないので、できれば180℃以上のものを選びましょう。

ただしこの温度は髪質によっても変わってくるので、髪が太く硬い人は200℃以上のヘアアイロンの方がおすすめです。

長持ちキープさせるコツ その2

ブラシで根本からしっかり梳かす

これは基本的なヘアアイロンの使い方でもお伝えしていますが、ヘアアイロン前にブラシやクシなどで髪を根元からしっかり梳かしておきましょう。
髪がうねって絡まっている状態だけ解消してあげればOKです。

長持ちキープさせるコツ その3

ヘアアイロン前OKなスタイリング剤を使う

髪を梳かし終わったら、ヘアアイロン前に使えるスタイリング剤を使いましょう。
ローション、スプレー、ミルクタイプなど色々ありますが、スタイリングを長持ちキープさせるためにはローションタイプがおすすめです。

スタイリング剤は薬局などで良く見かけますよ(^^)

ローションタイプのヘアアイロン前に使えるスタイリング剤を髪全体に手グシで馴染ませていきましょう。
ただしあまりつけすぎると髪が重くなってしまうので、パッケージなどに記載の量を守りましょうね。

長持ちキープさせるコツ その4

ドライヤーも重要

全体にローションタイプのスタイリング剤を馴染ませたら、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。
乾かすときになりたい髪型のイメージに合わせて、髪がボサボサにならないように乾かしていきます。
例えばストレートヘアにしたいときは斜め上から抑えるように乾かすイメージですね(^^)

長持ちキープさせるコツ その5

少量ずつ挟む

長持ちキープさせるコツ その4までは「下準備」でしたが、最後はヘアアイロンを実際に当てるときのコツです。
ヘアアイロンを使う時はできるだけ少量の髪をつかんでヘアアイロンするようにしましょう。
目安として指2本で掴めるくらいの量、3センチくらいです。

もちろんそのためにブロッキングは必須ですよ。
ちょっとヘアアイロンに慣れてきたかな?という人でも必ずブロッキングしてからヘアアイロンを使い始めるようにしましょう。

最後に

お伝えしたようにヘアアイロンでスタイルを長持ちキープさせるには、下準備が9割という感じですね。
ちょっと時間がかかってしまいますが、スタイルを長持ちさせたい!という人はいつもの手順に少しだけ時間をかけて雨でも崩れにくいスタイルを作っちゃいましょう(^^)

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓