【ヘアアイロンの選び方】ポイントは温度・傷みにくさ・スピード

ヘアアイロンはお店に行けばたくさん取り扱っていますし、インターネット上で探せば数え切れないくらいの種類がありますよね。
その無数にあるヘアアイロンの中から自分にあったヘアアイロンを選ぶために、今回はヘアアイロン選びで必ずチェックしてほしいポイントをピックアップしました。

ヘアアイロンを選ぶときの参考にしてくださいね(^^)

このサイトでヘアアイロンを提案し続け、おかげさまで5年を迎えました。
ありがとうございます(^^)
今回はその経験を元にお伝えしますね。

温度設定の幅広さ

選ぶときにまず見てほしいポイントは、どんな髪質にも合わせやすい「温度設定の幅広さ」です。
そして、幅広さを見るには最高温度と設定できる段階の2箇所を確認しましょう。

最高温度が170℃以上のもの

髪がストレートやカールになるのは160℃くらいからと言われています。
つまりそれよりも高い温度に設定できるヘアアイロンにする必要があります。
最低でも160℃以上に設定できるものを選びましょう。

ただしこれは髪質によっても変わってくるので、髪が硬く太い人はもう少し高めに設定できるものがおすすめです。
200℃以上に設定できるものもあるので、心配な人はそのくらい最高温度が高めのものを選びましょう。

使用温度の±20℃設定できるもの

ヘアアイロンはその日の髪質や技術の上達具合によって温度を切り替えることがあります。
そのため選ぶときには温度を細かく切り替えられるかを確認しましょう。
あまり細かく設定できても使いこなせませんが、最低でも自分が使いたい温度から±20℃くらいに切り替えられるものを選んでくださいね。

髪への引っ掛かりにくさ

ヘアアイロンで髪を傷めてしまう原因の一つに、ヘアアイロンのプレートと髪との摩擦があります。
摩擦が大きいと髪の表面をガリガリと傷つけてしまったり抜け毛や切れ毛の原因となってしまうので、摩擦が小さい素材のプレートのヘアアイロンを選びましょう。

摩擦が小さいプレート例

・チタン(チタニウム)
・セラミック

また一部ヘアアイロンには「クッションプレート」という、髪を挟んだ時にプレートがクッションのように沈み込むタイプもあります。
ヘアアイロンで髪を伸ばそうと、ついついギュッと挟み込んでしまう人は、クッションプレートがおすすめですよ(^^)

温度上昇スピード

ヘアアイロンを選ぶときは、設定した温度にヘアアイロンが温まるスピードも確認しましょう。
早いものだと30秒、遅めのものだと2分以上かかるものもあります。
あまり待ち時間が長いと億劫に感じて次第に使わなくなってしまいますからね(^^;

ツイッターで質問受付中です。 フォローなしでも質問できますよ(^^)
もし疑問が浮かんだら
「ステキナビ」で検索
私のおすすめも紹介していますよ(^^)

コードの長さ

重視する人が少ないですが、選ぶときはコードの長さもチェックしましょう。
コードの長さは短いものだと1.6m、長いものだと2.8mと幅広いです。

コードが長すぎると邪魔になる

2.8mと長いものは美容師さんでサロンワークに使う場合など以外は出番がなく、普段は邪魔になってしまうと思います。
自宅使いなら2.0mくらいまでのものにしておくと良いでしょう。

頻繁に持ち運ぶ人は短いコード

旅行や外出先にヘアアイロンを持ち運ぶことが多い人は、バッグの中でコードがかさばってしまうかも!
持ち運び目的なら1.6m~のコードが短めのものを選びましょう。

重さ

重要度は低いですが、ヘアアイロンを使っていて手が疲れてしまうという経験を持っている人は、重さもチェックしましょう。

ただし以下のように見た目が極端に大きいというヘアアイロン以外は、そこまで重いと感じないと思います。

長さなどで体感の重さは変わりますが、400gまでくらいなら問題ないでしょう。

カールに対応しているか

最後にお伝えするヘアアイロンの選び方は「カールに対応しているか」です。
ストレートアイロンの中には、毛先だけクルンとカールにしたり、簡単な巻髪くらいになら対応しているものもあります。

見極めるには?

カールに対応しているヘアアイロンは「カール対応」と書いてあることも多いですが、記載がない場合は形がラウンド型(丸形)になっているか確認しましょう。

ラウンド型って?

ヘアアイロンをカチッと挟んだ時に、正面から見るとこんな風に丸い形になっているものを「ラウンド型(丸形)」と呼んでいます。クルクルっと巻きやすそうな形ですよね(^^)

 

ツイッターで質問受付中です。 フォローなしでも質問できますよ(^^)
もし疑問が浮かんだら
「ステキナビ」で検索
私のおすすめも紹介していますよ(^^)

この記事もおすすめです(^^)

ピックアップ♡

ヘアアイロンには痛みにくさを重視したものもあります。
詳細はココをタップしてくださいね
↓↓↓


痛まないヘアアイロン特集

ツイッターで質問受付中です。 フォローなしでも質問できますよ(^^)
もし疑問が浮かんだら
「ステキナビ」で検索
私のおすすめも紹介していますよ(^^)