業務用ヘアアイロンは家庭用と何が違うの?

img_gyoumuyou_01.jpg

あなたが通っている美容室では、ヘアアイロン使っていますか?
美容師さんストレートヘアや巻き髪にしてもらうと、すごく綺麗に可愛くなるんですよね(^^)
しかも自分でやるよりもササッと手際よく。
やって貰った仕上がりを見ると「自分でもこんな風にできたら良いのになー」なんて思いません?
私はすっごく思います^^;
手際が良いのもそうですけど、美容師さんが使っているヘアアイロンって気になりますよね。
このヘアアイロンがあれば自分でももっと上手にヘアセットができるかも!と思う方も多いはず!

業務用と市販のヘアアイロンは違う?

img_netshopping_01.jpg

ちなみに、以前質問いただいた内容でこんなものがありました。
「美容室で使用しているヘアアイロンは、市販のヘアアイロンと違うものですか?」
きっと、美容師さんがヘアセットしてくれたのが気に入って、自分でも同じようにできないかな!?
と思っての質問でしょうね(^^)

業務用のヘアアイロンは減っている

結論からいうと、美容室専門、つまり業務用のヘアアイロンは現在ではかなり少なくなってきています。
以前は高性能なヘアアイロンだったものが、今では一般の方でも手に入りやすいリーズナブルな価格で開発できるようになってきたのが理由ですね。
ですから、美容師さんが使っているヘアアイロンは、一般的に見かけるヘアアイロンとほぼ同じものが使われているみたいです。
今でも美容室などに納める専門のヘアアイロンを取り扱っている会社さんもいるみたいですが、そういうところから仕入れると、とにかく高いらしいです^^;

なぜ業務用ヘアアイロンは高いの?

img_netshopping_03.jpg

一般のヘアアイロンのように大量生産して、たくさん販売すると、初期の開発費を分担できる分安くなるのですが、美容室専門の業務用ヘアアイロンとして販売していると、どうしても販売する台数が減ってきます。
その分開発費を1台1台に上乗せされるため、高くなってしまうんです。
そうすると美容室側も購入をためらいますよね^^;
その結果業務用のヘアアイロンは減ってきているというわけです。

そもそも業務用だとどんな機能がある?

業務用ヘアアイロンに求められるのは、当たり前ですが美容師さんのお仕事に向いているヘアアイロンです。
具体的に挙げるとこんな感じですね。

業務用の特徴

・低い温度から高い温度まで幅広く設定できる
・軽くて使いやすい
・設定温度に達するまでの時間が早い
・コードが長い
・壊れにくい

つまりこの条件さえ満たされていれば、業務用ではない市販のヘアアイロンでも、美容師さんが使って納得のヘアアイロンというわけです。
ちなみに、コードの長さと壊れにくさ(美容室だと使用頻度がかなり多いため)は、個人で使用する上ではそこまで重要ではないので、条件から外して考えたほうがいいでしょう。

その条件に当てはまるのは?

もしあなたが業務用のヘアアイロンを探しているのなら、お値段のことを考えると、止めておいたほうが良いでしょう。
それよりも業務用と同じような機能・性能で、お値段リーズナブルなヘアアイロンを選ぶべきです。
ここでは条件に当てはまるおすすめのヘアアイロンをご紹介するので、参考にしてみてください(^^)

areti(アレティ)ストレートアイロン

温度:80℃〜200℃
重量:約210グラム
温まるまでの時間:170℃まで30秒
コードの長さ(念のため):2.8m

areti ストレートアイロンの一番の特徴は、温まるまでの時間が早いところです。
このスピードは業務用でも中々無いと思います。
実際に美容室に持ち込んで使ってもらった方もいるみたいで、
「温まる時間が早くてビックリ! 普段使っているヘアアイロンの2倍くらいのスピードかも!」
「悪い点を1つだけ挙げると、ちょっとだけ普段使っているヘアアイロンより重いかな…」
「それ以外はバッチリ!お仕事用に一度試してみようかしら♪」
という感想だったみたいです。
210グラムってすごく軽いと思うのですが、普段使っているヘアアイロンが、ここで紹介しているような軽めのものだったのでしょうか^^;

170g!? 普通サイズなのに軽いストレートヘアアイロン

普段ヘアアイロンを使い慣れている美容師さんでも、試してみたい!と思っていただけるということは、やっぱり素晴らしいヘアアイロンなんですね。
ちなみに、温まるスピード以外の素晴らしい点もレビューしているので、
気になった方はこちらの記事も参考にしてみてください(^^)

アレティヘアアイロン使ってみた

こちらの記事でも業務用並みのヘアアイロン紹介しています。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓