ヘアアイロンの消し忘れで火事になる?火事の予防法も紹介!

ヘアアイロンを頻繁に使っていると、時々ヘアアイロンの消し忘れが不安になることはありませんか?

「出かける前に電源を消し忘れていたのに気づいて、慌てて電源をオフにした」などの経験をしていると、余計に不安になりますよね^^;

今回は消し忘れが心配な人に、ヘアアイロンの消し忘れで火事になるのかをお伝えしていきます。

もし付けっぱなしで外出してきたかも!と不安になっている人も読んで下さいね!

ヘアアイロンの消し忘れで火事になる?

まず結論からお伝えすると、ヘアアイロンの消し忘れで火事はあまり考えられません。
ヘアアイロンの消し忘れでの火事の事例も少ないですし、その他にも根拠があるからです。

ヘアアイロンを消し忘れた時は戻るべき!

消し忘れで火事になりにくい理由をお伝えしていきたいのですが、その前にお伝えしたいことがあります。

もしヘアアイロンの電源を消し忘れて家を出てきてしまった人は、急いで戻ってください!
消し忘れで火事になる可能性は少ないですが、可能性がゼロというわけではありませんし、置き場所が焦げてしまうことも考えられるからです。

「消し忘れたら戻る」という前提で、この後はヘアアイロンの消し忘れで火事になりにくい理由をお伝えしていきますね。

ヘアアイロンを消し忘れた場所はどこですか?

ヘアアイロンを消し忘れて置きそうな場所、消し忘れて置いてきてしまった場所はどこですか?

もし置いてきた場所がこんな場所なら火事になる危険性は低いでしょう。

ヘアアイロンの置き場所

・化粧台など塩ビやメラミン表面加工の上
・お風呂などプラスチック素材の上
・ガラス素材の上
・洗面台など陶器素材の上

ヘアアイロンの温度では火事になりにくい

ヘアアイロンのプレートの温度は最高でも230℃程度です。
プレートが直接置き場所に接していなければ、もっと低い温度になりますね。
230℃は触るととても熱くヤケドしちゃう温度ですが、発火という視点で見ると結構低い温度なんです。

例えば先程のヘアアイロンの5つの置き場所の一般的な発火温度をみてみましょう。

素材の引火温度(一例)

化粧台など塩ビやメラミン表面加工の上 350℃〜
お風呂などプラスチック素材の上 500℃近く

ガラスや陶器なら燃えることはありませんし、その他の素材で一番発火する温度が低い化粧台などの上でも350℃〜なので、ヘアアイロンの230℃くらいの温度であれば、消し忘れていても火事になる危険性が低いことがわかりますよね。

こんな時はヘアアイロンで火事の可能性も!

ただしこんなケースの場合はヘアアイロンの消し忘れで火事になる危険性があります!

周りに燃えやすいものがあると火事になる

先にお伝えした一般的なヘアアイロンの置き場所の場合は火事になる危険性は少ないですが、その他の素材の上に置いている場合や、その他の素材がスグ近くにある場合は火事の危険が増します。

火事の危険がある素材

・ポリエステル製のタオル
・ティッシュなどの紙
・ホコリが溜まっている場所
・ビニール袋など

もしこれらが近くにある場合はかなり危険!
例えばポリエステル製のタオルの上に一時的にヘアアイロンを置く習慣がある人などは、普段からそういった素材を近づけないようにしましょう。

自動電源オフ機能がない

ヘアアイロンには安全対策として、何も操作しない状態で一定時間(30分〜60分程度)経つと自動的に電源がオフになる「自動電源オフ」機能がついているものが多いです。

もしあなたのお持ちのヘアアイロンにこの自動電源オフ機能が付いていないのなら、火事の危険性が高まるかも!
また火事にならなくても置き場所の素材が焦げてしまう可能性も高くなりますよ。

ヘアアイロンの火事を予防したい人は

もしヘアアイロンの電源を頻繁に消し忘れて、出かける前などに慌てて消すことが多い人は、火事にならないための予防をしておくと、いざという時に安心ですよ。

次は、消し忘れで火事にならないための2つ予防法をご紹介しますね(^^)

〈火事予防法1〉耐熱ホルダーを用意する

最初にお伝えしたように、木製や陶器などの素材の上にヘアアイロンを置いていれば火事の危険性は少ないですが、ゼロとは言えませんし、素材によっては焦げてしまうこともありますよね。

そうならないために、ヘアアイロンの置き場所に耐熱ホルダーを用意して、消し忘れによる火事を防ぎましょう!

耐熱ホルダーってなに?

ヘアアイロンの温度は最高で230℃くらいですが、耐熱ホルダーはヘアアイロンの熱に耐えられる温度(250℃以上など)の素材で作られている、ヘアアイロンを一時的に入れたり置いておけるアイテムのことを指します。
ヘアアイロンを閉じた状態でスポッと差し込むものや、開いた状態でポンッと上におけるものなど、色々な種類がありますよ(^^)

火事を防ぐヘアアイロン耐熱ホルダー

ちなみに気になった人のために、そんな耐熱ホルダーの一例をご紹介しておきますね!

ヘアアイロン収納ポケット

このヘアアイロン収納ポケットは内側が耐熱生地になっていて、ヘアアイロン使用中もポンッと一時的に気軽に置くことが出来ます。

またファスナー付きなので、ヘアアイロンが終わった後も冷めるのを待たずにケースに入れて、ファスナーを閉めてしまえば、そのまま収納することも出来ますよ。
おまけにフックもついているので、吊り下げる場所がある人は洗面台や化粧台のそばにかけておくと、とっても便利です(^^)

キルト調 耐熱ポケット詳細を見る

その他の火事を防ぐ耐熱ホルダー

ちなみにこちらの記事では、ご紹介したヘアアイロン収納ポケット以外の「火事を防ぐおすすめ耐熱ホルダー」をご紹介しています。
色々な耐熱ホルダーの中から自分にあったものを選びたい時は、この記事を参考にしてみてくださいね!

おすすめ耐熱ホルダーを見る

〈火事予防法2〉自動電源オフが短いヘアアイロンを選ぶ

ヘアアイロン消し忘れでの火事予防法その2は、自動電源オフの時間が短いヘアアイロンを選ぶことです。
通常ヘアアイロンの自動電源オフは、付いていても60分くらいのものが多いです。
60分では電源を消し忘れた時に火事にならないか不安になりますよね^^;

火事が不安な人は自動電源オフが30分以内のヘアアイロンを選びましょう。
短いものだと、何も操作しない状態で15分経つと電源オフになるヘアアイロンもあるので、万が一消し忘れても火事になる心配がグッと減りそうですね(^^)

火事を防ぐ15分自動電源オフのヘアアイロン

ちなみに15分で自動電源オフになるヘアアイロンというのは、このヘアアイロンのことです!

アレティヘアアイロン

自動電源オフが30分程度のものであれば頻繁に見かけますが、アレティヘアアイロンのように15分のヘアアイロンはスゴく珍しいです。
どうしても消し忘れが心配!という人は、アレティヘアアイロンを選びましょう。

またアレティは単に自動電源オフの時間が短いというだけでなく、その他にも優れている点がとても多いヘアアイロンです。

例えば・・・

アレティが優れている点

・たった30秒で170℃
・クッションで傷みにくい
・プレート幅が3つ選べる
・値段もリーズナブル

こんな感じで簡単に挙げましたが、実はここではご紹介しきれないくらい素晴らしいヘアアイロンですよ(^^)
アレティの詳細はこの記事でもお伝えしているので参考にしてくださいね!

アレティの詳細を見る

その他の火事を防ぐ自動電源オフヘアアイロン

私のご紹介ではアレティが一番おすすめですが、その他の自動電源オフが短いヘアアイロンもこの記事でご紹介しています。
自動電源オフで消し忘れの火事を防ぎたい人は参考にしてみてくださいね(^^)

自動電源オフおすすめヘアアイロン

最後に

不安や疑問は解決できましたか?

今回は「ヘアアイロンの消し忘れで火事になるか?」や「消し忘れでの火事の予防法」などをお伝えしましたが、疑問や不安は解決できましたか?

もしその他にも消し忘れでの火事に関することで質問などがあれば、「お問い合わせ」からご連絡いただければ分かる範囲でお答えしますね。

以上「ヘアアイロンの消し忘れで火事になる?火事の予防法も紹介!」でした。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。