ヘアアイロンの寿命は5年前後。壊れた時はどうすればいいの?

今回はヘアアイロンの寿命の年数や原因・対処法などをお伝えしていきます。
もし既にヘアアイロンの寿命を迎えてしまった人は、最後の「ヘアアイロンが寿命の時の対処法」を参考にしてくださいね。

メーカーが考える寿命は5年

ヘアアイロンを含めた家電の寿命は、製造業法などで決まっていて、その中に「補修用性能部品表示対象品目と保有期間」というものがあります。

これを見るとヘアアイロンは5年のところに入りそうですね。

たった5年で壊れちゃうの!?
と思うかもしれませんが、実はコレ、壊れてしまう期間というワケではありません。

それを知るためにまずは以下を見てください。

補修用性能部品表示対象品目と保有期間とは

この補修用性能部品表示対象品目と保有期間というのは、メーカーが製品の製造を止めてから、製品の部品を保管しなくてはいけない期間のことを指します。

つまり、5年というのはメーカーに定められたものであって、この年数で壊れてしまうというワケではなさそうですね。

実際の寿命は5年未満のケースも

部品の保有期間は5年と定めてありますが、実際は10年近く使えることもあるでしょうし、使い方によっては5年未満で寿命を迎えてしまうケースも考えられます。
つまり明確な寿命は決まっていないんですね。

ヘアアイロンの寿命を予防しよう

寿命の年数は決まっていませんが、寿命になってしまう原因というのは存在します。
実質その原因を作らないようにすれば、5年以上に寿命を延ばすことも出来そうです。
せっかく購入したのに、すぐに壊れてしまわないように、ここからはヘアアイロンが寿命となる主な原因をお伝えしていきます。

ヘアアイロンが寿命を迎える原因

〈寿命の原因1〉プレートの劣化

ヘアアイロンの種類や使い方によってはプレート部分が削れて寿命を迎える場合があります。

プレートが削れる原因と対処法

例えばヘアアイロンで髪を強く挟んでスライドさせたり、ヘアアイロンに対応していないスタイリング剤などを付けて使用すると、プレートが削れる可能性が高くなります。
使う時は髪を優しく挟むことを心がけ、ヘアアイロン前にも使える「専用のスタイリング剤」や洗い流さないトリートメント(ミルクタイプ)などを使いましょう。

こんなときはプレートの寿命を疑おう

見た目には分からなくても最近髪がプレートに引っかかることが多くなった、滑りが悪くなったという場合は、プレートの寿命を疑いましょう。

〈寿命の原因2〉コンセントの断線

ヘアアイロンの寿命で最も多いのはコンセントの断線でしょう。
特にヘアアイロンとの接続部が断線して寿命を迎えることが多いです。

コンセント断線の対処法

これは既にヘアアイロンを持っている人には当てはまりませんが、ヘアアイロンの中には360°コードと言って、ヘアアイロンとコードとの連結部がクルクルと回転するものがあります。
これが付いているヘアアイロンは根元が断線しにくくなるのでおすすめですよ(^^)

それ以外には、収納時にコードをクルクルと細かく丸めすぎないように心がけましょう。

〈寿命の原因3〉外部部品の劣化

ヘアアイロンによっては一部の部品が取れてしまうという事もあるみたいですね。
これは残念ながら明確な対処法はありませんが、比較的安いヘアアイロンでの発生が多い印象です。
今からヘアアイロンを購入予定であれば、口コミなどを参考にして、そういう事例が無いかを事前に確認して購入しましょう。

〈寿命の原因4〉電気系統の故障

最後はコンセントの断線以外の電気系統の故障です。
コレは5年以内であれば、ヘアアイロンを落としたりしない限り発生しないと思いますが、もし発生した場合はこの後にお伝えする「ヘアアイロンが壊れた時の対処法」を参考にしてくださいね。

ヘアアイロンが寿命の時の対処法

保証書があるか確認

ヘアアイロンにはメーカーによって大抵1年くらいの保証期間があります。
この保証期間内に寿命を迎えた場合は、保証書があれば修理交換してくれるでしょう。
まずは保証書を保管してあるか確認してメーカーに連絡しましょう。

保証期間外の場合は?

保証期間外もしくは保証書が無い場合は、残念ながら自費での修理になります。
ただし修理代は5,000~10,000円以上するケースも多いので、買い替えた方が良いかもしれませんね(^^;
最近では10,000円程度あれば上質なヘアアイロンが選べます。

おすすめはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてくださいね(^^)