コードレスヘアアイロンのデメリットは?

今回はコードレスヘアアイロンのデメリット(欠点)をいくつかお伝えしていきます。
もし通常のヘアアイロンを使っている人は、今回挙げるデメリット(欠点)が余計に気になるかもしれません。
事前にチェックして、対策を考えたり、デメリットを感じないようなコードレスヘアアイロンを選びましょう!

〈デメリット(欠点) 1〉セットに時間がかかる

img_cordless_demerit_01.jpg

まずお伝えするコードレスヘアアイロンのデメリット(欠点)は、セットの時間です。
コードレスヘアアイロンは通常のヘアアイロンに比べてプレート部分が小さいので、一度にセットできる髪の量が少なくなってしまいます。
その為、髪全体をセットしようとすると、相当時間がかかってしまうんです^^;
コードレスヘアアイロンは、外出先でセットが崩れた時、雨の日のうねりを整える程度に使い、例えば旅行などでセットするときはコードレスヘアアイロンではなく、通常のヘアアイロンを持って行くのがおすすめです。

〈デメリット(欠点) 2〉中々温まらず時間がかかる

コードレスヘアアイロンは電源を使わないため、温度上昇が通常のヘアアイロンに比べて遅いんです。
外出先だと特に急いでいることが多く、何分も待っていられる状況は少ないですよね^^;
ただし、最近のコードレスヘアアイロンは温度上昇が早いものもあるので、もし購入する際は温度上昇が早いコードレスヘアアイロンを選びましょう!

〈デメリット(欠点) 3〉温度が上がりにくいものもある

コードレスヘアアイロンによっては、温度が極端に上がりにくいものもあります。
メーカーに寄っては髪がストレートになる温度まで上がらないものもあるので、それだと前髪でさえも直せません^^;
また明確ではないですが、同じメーカーでも時々温度が上がりにくいものもあるみたいなので、もしそういうコードレスヘアアイロンに出会ったときは、メーカーに連絡を入れてみたほうがいいですね。

〈デメリット(欠点) 4〉冷めるまで待つ必要がある

img_cordless_demerit_02.jpg

コードレスヘアアイロンは外出先で、メイク直しのタイミングなどで使うことも多いですが、使用後は冷めるまでバッグにしまえないのが大きなデメリットですよね・・・
家だと、その場に放置して出かけることもできるのですが、外出先だとそうも行きませんよね^^;
コードレスヘアアイロンによっては、ただのポーチではなく、耐熱ポーチ付きのものもあるので、購入するときはそれを選びましょう。

〈デメリット(欠点) 5〉充電を忘れると大変

img_cordless_demerit_04.jpg

コードレスヘアアイロンを使った後は必ず充電を忘れずに。
でもうっかり充電を忘れてしまうと、持っていっても結局使えず、ただの荷物になってしまうんですよね^^;
また、お出かけ前に気づいても、充電に何時間もかかるので、気づいたときには、既に遅かったり・・・
コードレスヘアアイロン使用後は必ず充電するという習慣を付けておきましょう。
もしまだコードレスヘアアイロンを持っていないのなら、このデメリットを防ぐことができます。
それが、USBで充電できるタイプのコードレスヘアアイロン!
うっかり充電を忘れていても、スマホのモバイルバッテリーなどを使って充電が可能ですよ!
お出かけ中にバッグの中で充電しておきましょう。