クレイツロールブラシアイロンの特徴をまとめてみた

img_createion_roll_00.jpg

今回はクレイツのロールブラシアイロンポータブルのおすすめポイントや欠点をお伝えしたいと思います。
その前に…
クレイツロールブラシアイロンポータブルが4年ぶりくらいにデザインリニューアルしていました!
以前のデザインはピンクやパープルで若い人向けのデザインでしたが、白っぽいシンプルな感じで、少し落ち着いた感じになりました。
ホームページのモデルさんの年齢も上がりましたし^^;

img_createion_roll_01.jpg

↑以前サイト

img_createion_roll_02.jpg

↑現サイト

まぁ、それは置いといて…
早速新しいクレイツロールブラシアイロンポータブルがをご紹介していきますね。

そもそもロールブラシアイロンとは?

巻き髪をするときはカールアイロンを使うことを思い浮かべる人が多いと思います。
カールアイロンは当たり前ですが、プレート部分が熱くなるので、前髪やうなじをカールにするときに誤って皮膚に当たっちゃうと、アチッてなっちゃうんですよね^^;
ロールブラシアイロンは周りがブラシになっていて、その部分は熱をあまり通さないので、直接皮膚に触れちゃっても大丈夫というワケです。
熱くならないから手を添えてのスタイリングもできるので、初心者にもとっても使いやすいヘアアイロンなんです(^^)

持ち運びがラクラク♪

img_createion_roll_03.jpg

クレイツロールブラシアイロンポータブルは名前の通り携帯するのにスゴく便利!
本体の中間辺りにあるボタンを押すとカチッと折りたたむことができるんです。
折りたたんだ時の長さは15cmくらいかなー
そのくらいだったら普段使いのバッグにも入っちゃうかも!?
でもちょっと注意しないといけないのは、コードが長いってこと。
携帯用なんだけどコードが2mもあるんです。
コードをまとめるマジックテープがついているんですが、まとめても少しかさばるかなー^^;

img_createion_roll_06.jpg

購入時にクレイツオリジナルのポーチが付いているのでそれに入れちゃえば化粧ポーチくらいのサイズに収まりますが、ちょっとコードをギュウギュウに押し込まないといけない感じ。
時々旅行にもっていく程度なら大丈夫ですけど、頻繁に持ち運びするとコードがすぐダメになっちゃうかも!
あと、他のロールブラシアイロンに比べて少しだけ軽いから、ちょっとでも荷物を軽くしたいって人には良いかもしれません。

2段階の温度設定

img_createion_roll_05.jpg

以前のクレイツロールブラシアイロンポータブルは温度設定が出来なかったのですが、今回は2段階に温度設定が可能です。
160℃と180℃の2段階に設定できるので、一般的な髪質の人でしたら大丈夫でしょう。

髪の巻きやすさは?

img_createion_roll_04.jpg

前回のモデルに比べるとカールがつきやすいという口コミが多いです。
また、以前はブラシとブラシの感覚が広く髪がキャッチできないという不評が多かったのですが、太細2種類のブラシを配置することで、そこも解消されていました(^^)
そして、ブラシ部分が短いのでロングヘアの人だと使いづらい…という意見も多かったのですが、そこも少し改善されて、約ピン3本分くらいは長くなっているみたい。
でも、あんまり長くなった気がしないかなー^^;
ロングヘアの人は購入前にしっかり検討してください。

その他の良いポイント

img_createion_roll_07.jpg

せっかくのポータブルなので旅行などに持って行きたいですよね。
海外の電圧に対応しているので、海外旅行でも活躍しますよ!
変換プラグも付属で付いているので、別途購入の必要がなくて安心です(^^)

まとめ

総合的にいうと、まだ機能面は見劣りしますね…^^;
ポータブルのロールブラシアイロンはあまり見かけないので、絶対コンパクトなものが良い!という人と、ショートからセミロングヘアまでの人向けという感じですね。
クレイツのヘアアイロン自体は使い勝手が良いものが多いだけに少し残念^^;
次のバージョンアップに期待です。

その他のロールブラシアイロンはこちら