アレティロールブラシアイロンの口コミ

以前持っていたカールアイロンで首元をやけど!
ヒリヒリ痛みがしばらく続きました。
以前のカールアイロンは3000円くらいの安いやつで、150度くらいしか出なかったけど、
当たっちゃうとやっぱり跡が残っちゃいます…

その後カールアイロンは怖かったので、別にストレートアイロンを購入。
そのストレートアイロンはカールにも向いていたので、ワンカールくらいはそのストレートアイロンでやっていました。

でも飽きっぽい性格で…
「本格的に巻き髪にも挑戦したい」という気持ちが!

改めてカールアイロンを購入しようか迷っていたのですが、
やっぱりヤケドの恐怖から、ストレートアイロンで我慢しようかと思い悩んでいました。
そんな時に出会ったのがこのヘアアイロン!

アレティ ロールブラシアイロンです!!
img_aretiroll_01.jpg

ブラシタイプなので皮膚に熱い部分が当たらず、本格的なカールができるというところが気になり、
色々なタイプのヘアアイロンからアレティ ロールブラシアイロンを選びました!

第一印象

img_aretiroll_01.jpg

ブラシドライヤーって知っていますか?
ドライヤーにブラシが付いたもので、寝ぐせ直しなどに使われることが多い商品です。
ブラシドライヤーが年齢が上の人が使うイメージだったので、同じくブラシを使っているロールブラシアイロンってどうなの!?と思っていました。

でも、アレティ ロールブラシアイロンは見た目がおしゃれで、古い印象は全くありませんでした。
調べてみると、どうやら20代〜30代くらいの女の子にも人気があるみたい(^^)

やっぱり身の回りのものはオシャレじゃなきゃ♪

使ってみた感想

ではさっそく使ってみたいと思います!
まずは電源ダイヤルを片手で回して、
カチッと電源ON!

img_aretiroll_02.jpg

そのままクルクルっと温度を変えられるのが地味に良い感じ。
電源を入れるとダイヤル部分のランプが点滅を始めました。
点滅中は温度が設定温度まで上昇している状態で、
設定温度になると点滅が止まり点灯になるみたい。

img_aretiroll_03.jpg

とりあえず170℃に設定!
気長に待つかーと思っていると・・・・

あれっ!?
いつの間にか点滅から点灯に変わってる!
はやっ!!!

待っている間にのんびり髪をブロッキングしようと思ったのに…Σ川 ̄▽ ̄;
アレティ ロールブラシアイロンは170℃に温まるまでに、たったの30秒。

早すぎですね^^;

ちなみに今回は170℃だったけど、こんな感じのゆるふわカールにしたい場合はもっと低い温度がおすすめ☆
髪が太くて癖がつきにくい人はもっと高い温度がいい感じですよ♪

img_futocurl_01.jpg

温まるスピードが究極に早いのも特長ですが、
私がアレティ ロールブラシアイロン選んだ一番の決め手があります。
それは、温度を80℃〜200℃まで細かくダイヤルで設定できるトコロ。

img_aretiroll_04.jpg

古いものやメーカーによってはオンとオフの2段階しか設定できないものも多いので、自分の髪質やなりたい髪型によって温度が選べないんですよね^^;

それに比べて、温度が細かく変更できるアレティ ロールブラシアイロンはとっても便利♪

ちなみに私は170℃くらいの温度で使っていて、
フワッとさせたいときは150℃〜の少し低めの温度で使っています(^^)

カールヘアに挑戦

ではでは、
ブロッキングも完了したので、
早速カールに挑戦してみたいと思います!

まず髪をブラシ部分でブラッシングしていきます。
表面をささっとブラッシングしていくだけで、髪にツヤが出てくるから不思議!

コレは熱によりキューティクルの向きが整っているのが理由で、一時的なものなんですが…
それでもツヤが出るとキレイに見えますよね(^^)

ブラッシングしたら、髪の内側中間辺りから、
ブラシを回転させながらクルクルっと巻いていきます。

img_aretiroll_06.jpg

ブラシ部分は熱くならないから手を添えながら巻けるのが便利ですね(^^)
カールアイロンを使ったことがあれば、簡単にクルクルって巻けるし、
個人的にはカールアイロンよりも簡単なんじゃないかってくらい!

クルクルっと髪を巻いて、少し置いたら離す…
すると、簡単にクルッとふんわりカールができちゃいました♪

掴む髪の量を少なくすれば、くっきりとしたカールもできますよ(^^)

そして、巻くときにはちょっと注意点があって、
髪が痛んでパサパサの状態でやると絡まることが…!
みなさんも経験あると思いますが、もともとブラシは髪が傷んでいる状態だと絡まりやすいんですよね^^;
そんな時は一度にたくさん巻こうとせず、5センチくらいの少量を手にとって巻くのがベスト。

img_aretiroll_05.jpg

でもアレティロールブラシアイロンはブラシで髪をとかすのに比べたら、
すごく絡まりにくいです!

img_aretiroll_10.jpg

それは3Dピンというものを採用しているおかげみたい。
3Dピンというのは、2種類に分かれたピンが上下左右に動くことによって、髪が痛んでボサボサの状態でも髪の流れに沿って自然にブラッシングができるという機能です。
これがあることによって絡まりにくいんですね!

絡まって切れ毛になっちゃうと大変だし、この機能はありがたいです!

でも私は念のため、髪がパサパサになっているかな?という時は少量づつ髪を掴むようにしています。
そういう言っているうちに、セット完了です!

今回は簡単にフワッとワンカールにしてみました(^^)

img_aretiroll_09.jpg

ワンカールくらいならササッと10分もかからず出来ちゃいますね♪
ちなみに今回のアレティ ロールブラシアイロンは32mmなのですが、
もっとくっきり巻きたいときは25mmとかでもいいかも!

あと、設定温度やクルッと巻きつけている時間でも変わるので、色々試してみるのも楽しいですよ(^^)

最後に

ロールブラシアイロンが気になっているなら
絶対アレティがおすすめです!

なんといっても細かく温度調整できるのがスゴイところ。
温度は髪質によっても変えないといけないし、なりたい髪型によっても変えるべきなんです。
そうした時に温度が細かく選べないとすごく不便…

絶対細かく温度調節ができるアレティにしたほうが、後々後悔しなくて済みますよ(^^)
また温まるスピードが早いのも魅力!

たった30秒で温まるって通常じゃ考えられないスピードです。
普通は2分近くかかるヘアアイロンが多いのではないでしょうか…
冗談じゃなくホントにブロッキングするのを忘れちゃうくらいのスピード!

気になっている方は
絶対アレティがおすすめです(^^)

アレティロールブラシアイロン詳細を見る