安い美顔器には裏がある!なぜ価格・値段がバラバラなの!?相場は?

美顔器の価格(値段)ってどのくらいか分かりますか?

1万円くらいでしょうか? それとも2万円くらい?
それぞれ答えがあると思いますが、実は結構バラバラで、1,000円くらいのものから10万円近くするものまであるんです^^;

こんなにバラバラだとどれを購入していいのか余計に迷ってしまいますよね^^;

ですから、今回は美顔器ごとに、なぜ価格(値段)が違うのか?という疑問にお答えしていきたいと思います。
少しでも美顔器選びの迷いが少なくなってくれたら嬉しいです(^^)

美顔器の相場はどのくらい?

まず初めに、美顔器の相場ですが、大体2〜3万円くらいのものが多いです。
きちんと効果を得ようと思うと、様々な機能が必要になるので、このくらいの価格(値段)になってしまうんですね。

1,000円くらいの美顔器を見かけたけど、何が違うの?

美顔器の相場が2〜3万円が多いのに対して、1,000円くらいで販売されているものもありますよね。
1,000円はちょっと極端かもしれませんが、こんなに価格(値段)がバラバラなのには実は2つ理由があります。

価格(値段)の差は美顔器の機能の差

当たり前ですが、機能が違うと価格(値段)の差も当然出てきます。
例えば、超音波振動だけで肌をタッピングする美顔器よりも、イオンの力で美容液を肌の奥まで浸透させてくれるイオン導入などの機能がついていたほうが、肌への効果も高いので、その分価格(値段)も高くなります。

価格(値段)の差はランニングコストの差

もう一つの理由はランニングコストの差です。
先ほども紹介したように1,000円の美顔器もあるって、異常だと思いませんか?
こんな価格で美顔器を販売していたら、売り上げが伸びず会社が倒産してしまいます^^;

でも、成り立っているのには理由があって、美顔器とセット販売している「美容液」の売り上げがあるからです!

美容液は初回は無料というものがありますが、なくなると購入が必要です。
美顔器は使い続けることで効果をジワジワと実感していくものなので、何度も美容液を買い足しますよね。
そうすると美容液の売り上げで美顔器の費用を賄えてしまうワケです。

ですから、最初の美顔器の価格(値段)を極端に下げることが出来るんですね。

美容液の価格(値段)を確認しておくことが大事

私が美顔器をみてきた結果、費用対効果はそこまで美顔器によって変化はありません。

美顔器の価格も大事かもしれませんが、後に追加購入するであろう美容液の価格(値段)にも注目してみてください。
後々の価格(値段)を抑えたいのなら、初回の美顔器本体の価格(値段)が多少高くても、美容液の価格(値段)も考慮して選ぶべきでしょう。

肌に見合った機能を選ぶことも大事

また、美顔器は機能がつけばつくほど値段が高くなるので、自分に必要な機能だけに絞って探すのもいいかもしれません。
例えば、洗顔ブラシで汚れをしっかり落とせているのでイオン導出機能は必要ない、潤いが欲しいのでたるみに効果的なEMS機能は必要ないなど、自分の悩みに合わせた美顔器選びをすると、多少値段が抑えられるかもしれませんね(^^)

 

こちらの記事も人気です。
読んでみてくださいね(^^)
↓↓↓