美顔器のEMSが痛いのは少数派。選ぶ時は強さ切替ができるものを!

美顔器のEMSは電気刺激を直接筋肉に送り、表情筋を鍛えることで「たるみ」や「ほうれいせん」などの加齢による筋肉が衰えが原因の悩みを緩和するものです。

電気刺激を送っているため、「EMSは痛くないの!?」という疑問の声をよくいただくので、今回はEMSの痛みについてお伝えしていきたいと思います。

このサイトで美顔器を提案し続け、おかげさまで5年を迎えました。
ありがとうございます(^^)
今回はその経験を元にお伝えしますね。

痛いと感じる人は少数派

美顔器のEMSは顔に使用するものなので、若干電気刺激が弱く設計されています。
ですから、多少ピリピリはしますが、通常であれば痛いと感じるほどではないでしょう。

ただし、美顔器の口コミなどをみていると、痛いと感じている人もいるので、どうやら人によって感じ方が変わるみたいです。

ですが、痛いと感じている人は少数派のようなので、「痛そうだから、EMS付きの美顔器を諦めようかな・・・」という心配は必要ないと思います。

ピックアップ!

おすすめの美顔器を悩み別にピックアップしました。
ココをタップしてあなたにピッタリの美顔器を見つけてくださいね。
↓↓↓

悩み別おすすめ美顔器特集

強さ切り替えができるEMSを選びましょう

そうは言っても、購入した後に痛くて使えないとなってしまっては問題ですよね(^^;
そんな時のために、EMSの美顔器を選ぶ時は、強さ切り替えができるものを選びましょう!

痛い=効果が出ているわけじゃない

そして、まずはいきなり強いモードにせずに、一番弱いモードから試していきます。

強いモードにすると、より効果が出そうなイメージがありますが、自分の肌に合わせた刺激を選ぶのが一番効果的です。

また、より効果を得たいからと言って、痛いのをガマンしてまで使うのは止めましょう。
それにより逆に肌荒れなどの原因ともなってしまいます・・・

必ず最初は弱いモードから試してくださいね。

顔のパーツによっては痛いときも

また、顔のパーツによっても痛みが変わります。
例えば、おでこやアゴ、目のサイドなどの、皮膚が薄い箇所は通常よりも痛みを感じやすいかも。

特に痩せ型の人は皮膚が薄い部分が多いと思うので、頬などには少し強いモードで使い、皮膚が薄い部分には弱いモードにするなど、工夫して使ってくださいね!

ツイッターで質問受付中です。 フォローなしでも質問できますよ(^^)
もし疑問が浮かんだら
「ステキナビ」で検索
私のおすすめも紹介していますよ(^^)

痛くなくてもピクピクはする

EMSが痛いのは少数派とお伝えしましたが、痛くはなくても表情筋が動かされるので、ピクピクはします。
これも個人差がありますが、最初は慣れない刺激で「なんだか気持ち悪い」と感じてしまうかもしれませんね(^^;

こちらも強さを切り替えれば低減できるので、最初は弱いモードから試しましょう。

ちなみにこんな感じでピクピクします。
↓↓↓

たるみには美顔ローラーもおすすめ

EMSで痛いと感じるのは少数派なので、強さ切り替えができるEMS美顔器を導入すれば問題ないのですが、ピクピクする刺激は慣れるしかないかもしれませんね(^^;

もし、そういった刺激を受け付けない人は、ローラータイプの美顔器も「たるみ」や「ほうれい線」に有効なので、そちらを選ぶのもおすすめです。
ローラータイプの美顔器おすすめはコレ!

まとめ

EMSの痛みが心配な人は、強さ切り替えができるEMS美顔器で、まずは一番弱いモードから試してくださいね(^^)

ちなみに、強さ切り替えができるEMS美顔器はこちらの記事でもご紹介しています。
参考にしてくださいね!
EMSって何!?筋肉を刺激する「EMS」おすすめ美顔器集めました

 

さて、次は「たるみにおすすめの美顔器」をご紹介します。
私の使っているNo1美顔器もあるので参考にしてくださいね(^^)

↓↓↓

目元・頰のたるみにおすすめの美顔器TOP5を見る

ツイッターで質問受付中です。 フォローなしでも質問できますよ(^^)
もし疑問が浮かんだら
「ステキナビ」で検索
私のおすすめも紹介していますよ(^^)

EMS美顔器関連記事

キーワードで探す

総合おすすめEMS美顔器

よくある疑問に答えます

EMSの注意点はある?EMSは痛い?

ツイッターで質問受付中です。 フォローなしでも質問できますよ(^^)
もし疑問が浮かんだら
「ステキナビ」で検索
私のおすすめも紹介していますよ(^^)