【エレクトロポレーションの注意点】美容液は無添加のものを。

エレクトロポレーションは電気パルスによって肌に極小な穴をあけ、そこから美容液を肌の奥に届けるという技術です。
針などを使わないので、安全に肌の悩みに働きかける機能ですが、間違った使い方などをしてしまうと、逆に肌荒れなどの肌トラブルの原因となってしまうことも・・・

そうならない為に、今回お伝えする注意点を守り、エレクトロポレーションを使っていきましょう。

このサイトで美顔器の提案し、おかげさまで5年を迎えました。今回はその経験を元にお伝えしますね。
美顔器の疑問は「ステキナビ」で検索(^^)

〈エレクトロポレーションの注意点1〉防腐剤など添加物フリーのものを選ぶ

美容液には肌に働きかける美容成分の他に、品質を維持するための防腐剤なども含まれています。

通常使いするときは少量の防腐剤に反応することは殆どありません。
でも、エレクトロポレーションは肌の奥まで美容成分を送り届ける機能なので、余分な防腐剤まで送り届けてしまいます。
その結果、通常使っていても気にならなかった防腐剤が反応し、肌荒れなどを引き起こしてしまうことも・・・

エレクトロポレーションと一緒に使用する美容液は、できるだけ「防腐剤フリー」のものを使用しましょう。

ピックアップ!

おすすめの美顔器を悩み別にピックアップしました。
ココをタップしてあなたにピッタリの美顔器を見つけてくださいね。
↓↓↓

悩み別おすすめ美顔器特集

おすすめNo1美顔器は
ステキナビで検索
この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓

〈エレクトロポレーションの注意点2〉肌に合わない成分は慎重に

上と同じ理由で、エレクトロポレーションを使うと肌に合わない美容成分まで肌の奥に届けることになります。

もし化粧品などでアレルギーがある場合は、事前に使用する美容液の成分を調べ、もし反応する成分がある場合は別の美容液を選ぶようにしましょう。

〈エレクトロポレーションの注意点3〉人によっては使えない場合もある

エレクトロポレーションは場合によって使えない人や、部位があります。
以下に当てはまる人は、使用を控えましょう。

使用を控える人

・妊娠中の人
・金属プレートやペースメーカー使用の人
・糖尿病の人
・心臓疾患を抱える人
・発熱中の人
・悪性腫瘍を抱える人
・出血性疾患、ケロイド体質の人

使用してはいけない部位

・治療跡や傷跡、化膿がある部位
・アザやイボの部位
・喉仏
・まぶた

〈エレクトロポレーションの注意点4〉使用頻度を守る

エレクトロポレーションの使用頻度は、週に2~3回とされています。
頻繁に使いすぎると肌荒れなどの危険性もあるので、頻度はこのくらいを保ちましょう。

おすすめNo1美顔器は
ステキナビで検索
この記事がいいと思ったら
「いいね」お願いします(^^)↓↓↓

〈エレクトロポレーションの注意点5〉極度な敏感肌の人は特に注意

エレクトロポレーションは同じ個所に長く当てすぎないよう注意が必要ですが、特に敏感肌の人は最初は「ちょっと物足りないかな?」と感じるくらいでも良いかもしれません。
美容液が合わない可能性もあるので、ポレーションの前に一度手で塗布してテストしてみるのも良いかもしれませんね。

 

たるみを何とかしたいなら

もし「たるみ」を何とかしたい人は、ピッタリの美顔器がありますよ。

次は「たるみ用の美顔器」をご紹介します。
私の使っているNo1美顔器もあるので参考にしてくださいね(^^)

↓↓↓

目元・頰のたるみにおすすめの美顔器TOP5を見る

エレクトロポレーション美顔器関連記事