【ヘアアイロンおすすめランキング】20種以上を徹底比較No1はどれ?


こんにちは。ステキナビ管理人の@もかです。

私は20種以上のヘアアイロンに関わり、サイトやSNSを通して4年以上ヘアアイロンを提案し続けています。

今回はその中から「おすすめヘアアイロンを6つに厳選」したので、参考にしてくださいね(^^)

もか(私)
もか(私)
人気のヘアアイロンよりも「自分に合ったヘアアイロンが欲しい!」と思っているあなたは必見ですよ。

※タップ(クリック)するとその場で開きます。

1.温度設定の幅広さ

選ぶときにまず見てほしいポイントは、どんな髪質にも合わせやすい「温度設定の幅広さ」です。
幅広さを見るには以下の2箇所を確認しましょう。

チェックするポイント

・最高温度が170℃以上かどうか
・20℃単位など細かく温度切り替え

その理由など選び方の詳細はこちら

2.髪への引っ掛かりにくさ

ヘアアイロンのプレートで髪をガリガリ傷つけてしまわないために、摩擦の少ないプレートを選びましょう。
摩擦が少ないプレートには例えばこんなものがあります。

摩擦が少ないプレート

・チタン(チタニウム)
・テフロン
・セラミック

また「クッションプレート」のついたヘアアイロンも痛みが少なくおすすめですよ。

クッションプレートなど選び方の詳細はこちら

3.温度上昇スピード

ヘアアイロンを選ぶときは、設定した温度にヘアアイロンが温まるスピードも確認しましょう。
早いものだと30秒、遅めのものだと2分以上かかるものもあります。
あまり待ち時間が長いと億劫に感じて次第に使わなくなってしまいますからね(^^;

4.コードの長さ

重視する人が少ないですが、選ぶときはコードの長さもチェックしましょう。
サロンワークなら〜3.0m程度、家庭で使うのなら〜2.0mくらい、持ち運びを頻繁にするなら1.6mなど短いコードを選びましょう。

その他にも

その他にも重さやカールに対応しているかなどもチェックしておくと便利。
それらの詳細はこちらの記事にまとめたので参考にしてくださいね(^^)

選び方の詳細はこちら

ヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンは少なからず髪が痛んでしまうもの。
できるだけ髪に優しく使うために、正しいやり方をマスターしましょう。

ヘアアイロンは準備がとても大事

ヘアアイロンを使うときは準備がとても大事。髪に当てる前にまずは以下の手順で準備をしましょう。
1.髪をしっかり乾かす
2.ブラシ・くしで髪をとく
3.スタイリング剤をつける
4.髪をブロッキングする

ブロッキングなど詳細はこちら

実際の髪への当て方

ここまでの下準備が終わったら、いよいよヘアアイロンを使っていきましょう。
カールアイロンもここまでの手順は同じですが、ここからはストレートアイロンの使い方でお伝えしますね。
まずは動画を見てみましょう。

動画を参考にすると、まず「当てる髪を選び」、「髪の中間からスライド」、最後に「ゆっくり手を放す」の3ステップになっていることが分かります。

まずは低温で練習してみましょう

自分でやってみると意外と難しいので、今回ご紹介するヘアアイロンを使って、何度も練習してみてくださいね(^^)

慣れるまでは140℃くらいの低温で当てると痛みが少なくおすすめです。
ただし低温だとスタイル持ちが良くないので、早く慣れて高温でさっと使えるようになりましょうね。


ヘアアイロンおすすめランキング

ヘアアイロンおすすめ6位:スチーム付きならコレ

テスコムヘアアイロン

スタイル長持ち!スチーム探している人はVSよりおすすめ!

温度 100℃〜200℃(5℃単位で設定)
閉ロック 有り
コード 1.7m

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定 温度スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

スチームでスタイリング長持ち

テスコムヘアアイロンはスチームに対応しているヘアアイロンです。
スチームはスタイリングを長持ちさせると言われているので、その他のスチームヘアアイロンを使ってみて「スチームが気に入っている」という人は、テスコムがおすすめです。

テスコム詳細を見る

ヘアアイロンおすすめ5位:値段を気にしないならコレ

アドストヘアアイロン

値段より多彩な機能にこだわるならコレ

温度 60℃〜180℃(5℃単位で設定)
閉ロック 無し
重量 290g

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定 温度スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

髪の状態に合わせたモード設定ができる

一番サロンワークにも向いていると感じたのは「目的に応じたモード切替」です。
例えばしっかり伸ばしたい人は「パワーモード」、髪の痛みが気になるときは「ダメージモード」など使い分けが可能ですよ。
サロン並に使いこなしたい人、サロンワークで使いたい人はアドストを選びましょう。

アドスト詳細を見る

ヘアアイロンおすすめ4位:メンズはコレ

ワンダム ヘアアイロン

男性にも人気!ショートヘアの人は検討してみて!

温度 60℃〜200℃(無段階で設定)
閉ロック 無し
コード 2.8m

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定 温度スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

プレート部分が薄い

ワンダムヘアアイロンはプレート部分が少し薄い作りになっているので、男性でも髪がつかみやすいんです。

裏面も熱くなりにくいので、短髪でもやけどの心配が減るのも嬉しいところ。
女性でもベリーショート~ショートくらいの長さがとてもやりやすいですよ(^^)

男性やベリーショートの女性はワンダムを選びましょう。

ワンダム詳細を見る

ヘアアイロンおすすめ3位:市販で探すならコレ

Panasonic ヘアアイロン

大手メーカーの安心。市販で探すならコレ!

温度 130℃〜200℃(5段階設定)
閉ロック 有り
コード 1.7m

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定 温度スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

ナノイーがうるおい保つ

Panasonicには髪の乾燥している部分にうるおいを与え、水分バランスと整えることで髪のうねりを改善する「ナノイー」というオリジナル技術が使われています。
「髪のパサパサが気になる」「髪にツヤが欲しい」という方はパナソニックがおすすめです。

Panasonicの詳細はこちら

ヘアアイロンおすすめ2位:スグ温まるのはコレ

アレティ ヘアアイロン

温まるまで30秒。早さを重視するならコレがおすすめ!

温度 80℃〜200℃(5℃単位で設定)
閉ロック 有り
コード 1.6m

※参考価格は変わっている可能性があります。

 

温度設定 温度スピード 持ち運び収納 海外対応 価格

170℃まで30秒!

アレティヘアアイロンはとにかく温まるスピードが早く、170℃までたったの30秒!
通常温まるまでに2分以上かかるヘアアイロンに比べると、圧倒的な早さですよね(^^)
朝の忙しい時間でも気が向いたときにササっと使えて、とっても便利ですよ♪

アレティの詳細を見る

アレティを使った感想を見る

ヘアアイロンおすすめNo1:美容師さんも使ってる

絹女(KINUJO)

設定温度 130℃〜220℃(10℃単位で設定)
開閉ロック 無し
コード長さ 2.5m

※参考価格は変わっている可能性があります。

温度設定 温度スピード 持運び収納 海外対応 価格

30秒で使える痛まないNo1はコレ

絹女のおすすめポイント

絹女はシルクプレートを採用していて、髪のうるおいを保ち続けるヘアアイロン。

しかも絹女は温まるスピードが早く、30秒で180℃以上。
ヘアアイロンって面倒なイメージがありますが、寝癖を直したいだけなら3〜4分でもササッと直せて便利(^^)

絹女でツヤ髪と朝の時間を守りませんか?

絹女は私も使ってるヘアアイロン

実は絹女は私も使ってる、今でもお気に入りのヘアアイロンです。

絹女の特徴

・髪が痛みにくい
・アイロン後はしっとりツヤツヤ
・高温でうねりをピンッと伸ばせる
・温まるまでたったの30秒

次は、髪がボロボロで美容師さんにヘアアイロンNGされていた私が、「絹女を選んだ理由」をお伝えしますね(^^)

絹女の詳細・口コミを見る